トスカニーニのシューマン 交響曲第3番「ライン」、マンフレッド序曲

シューマン 交響曲第3番「ライン」トスカニーニ指揮 NBC交響楽団(1949)シューマン マンフレッド序曲トスカニーニ指揮 NBC交響楽団(1946) なんか急にウェーバーが聴きたくなって、家にあるものを探したらクライバーの「魔弾の射手」全曲フルトヴェングラ…

「世界ふしぎ発見!」のブルターニュ

「世界ふしぎ発見!」のサブタイトルが「海と風が織りなす絶景 フランス灯台街道」となっていたので、もしかしてブルターニュ半島かと思い録画していたのを見た。予想通りブルターニュ半島だったので期待していたが、ケルトのケの字も出ず、寂しかった。テー…

三戸郡階上町赤保内下平尻 赤保内観音堂 再々訪

blog.livedoor.jp

久々に見た「エクスカリバー」(1981)

久々に「エクスカリバー」(1981)を見て、見落としていた事に気付いた。パーシバルが持ち帰った聖杯でアーサーが復活するくだりは、やはりワーグナーの「パルジファル」そのものではないか!これでますます、以前に書いた「この作品はアーサー王伝説をワー…

シベリウス レンミンカイネン組曲の話、あれこれ

昨年末にトスカニーニの「トゥオネラの白鳥」(レンミンカイネン組曲)を聴いてから、レンミンカイネン組曲の聴き比べが始まってしまった。家にあるのは以下のとおり。オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団(1978)サラステ指揮 フィンランド放送交響…

青森県八戸市柏崎3丁目 天満宮

blog.livedoor.jp

「黄金虫」をハードロック化しようとした思い出

最近は、娘や奥さん経由で日本のバンドもよく耳にする。打首獄門同好会、キュウソネコカミ、マキシマム ザ ホルモン、クリープハイプ・・・ETC ETC(今更ですいません)私らの時代は、洋楽ロックがお手本だったが、もうすでに日本のロックはジャンルレスとい…

田澤廉君

箱根駅伝往路3区で7人抜きをした田澤廉君は八戸出身であり、娘と同学年。小学校の頃から段違いの走りで超有名だった。市の体育大会とかを見に行ったりしていたその近辺の年代の父兄はみんな知っているし、知り合いじゃないのに知り合い気分だった。その田…

心は一生中学生のまま

奥さんが某お笑い芸人兼占い師の無料占いがけっこう当たっているというので、試しに私もやってみた。冒頭が「心は一生中学生のまま」・・・・喜ぶべきか・・・・(笑)

初日の出

blog.livedoor.jp

岩手県九戸郡軽米町 軽米第19地割熊野山神社 高家第6地割 天照皇大神宮 高家第15地割の神社 再訪

blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp

朝比奈隆の「合唱付」1977年盤と1985年盤(と、スケルツォの話)

ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付」朝比奈隆 指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団(1977) 年末だから第9というわけではない。以前「出回って無い模様」と書いた、朝比奈隆さんのベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付」の1977年盤であるが http://hakuas…

階上町道仏横沢山 大山祇神社 再訪

blog.livedoor.jp

朝比奈隆 ブルックナー 交響曲第7番 聖フローリアン完全盤

ブルックナー 交響曲第7番朝比奈隆 大阪フィルハーモニー交響楽団(1975) 2016年に、朝比奈隆さんのブルックナー 交響曲第7番(聖フローリアンライブ)が発売された時、まあ、既にもっているしお金も余裕がないし・・・とるスルーしていたのだが、実は今…

「ポホヨラの娘」と「サイコ」

シベ2の聴き直しをするつもりが、トスカニーニの「ポホヨラの娘」を聴いてから、この曲のはしごが始まってしまった。この曲は交響曲第2番と第3番の間にあたり、その後の交響詩が幾分自由というか実験的要素を含んでいるのに比して、しっかりした構成をも…

今年のM-1グランプリ

またもや遅い話題で恐縮だが、今年のM-1グランプリの最終決戦3組は、このネタだけをとれば「かまいたち」が優勝だったのではないか。「ミルクボーイ」は最初のネタより内容は落ちていた気がするが、最初のネタのインパクトでそのまま持って行っていた感じだ…

トスカニーニのシベリウス「ポホヨラの娘」「トゥオネラの白鳥」

シベリウス「ポホヨラの娘」(1944)「トゥオネラの白鳥」(1940)トスカニーニ指揮 NBC交響楽団また、前置きが長いです。カラヤンのシベ2を聴いて、今までのシベ2に対する価値観をいったん捨てて、虚心坦懐にシベ2をいろいろと聴き直そうと思った。手始…

オーマンディのシベリウス

理想のシベリウスを探す旅(いつから始まった?)も、とうとうオーマンディまで来てしまった。生前のシベリウスと親交があったということ、また以前エロイカが良かったので http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2014/02/04/043901 聴いてみることにした。 …

カラヤン フィルハーモニア管のシベリウス まとめ

今回購入した、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団のシベリウスの曲目と録音年は以下の通り。 交響曲第2番(1961)ステレオ交響曲第4番(1953)交響曲第5番(1961)ステレオ交響曲第6番(1955)交響曲第7番(1955)「フィンランディア」(1953)「タ…

ペトリ・サカリのシベリウスのまとめ

ペトリ・サカリのシベリウスは、交響曲第6番、第7番があまりにも良かったので期待したが、第5番で首をかしげた。その後も一応ほとんどの録音を聴いてみたのだが、2000年録音の交響曲第6番、第7番と他の演奏や響きが、別人のように違う。録音年をまとめ…

八戸市大久保沢目 天満宮 再訪

blog.livedoor.jp

イスの都

最近「ホールマーク」の「エクスカリバー 聖剣伝説」を見直したりして エクスカリバー 聖剣伝説 完全版(1998) - 白亜森音楽雑感+ ほんの少し、ケルト・モード、アーサー王モードなのだが、だいぶ前に購入した中公新書「ケルト神話と中世騎士物語(田中仁…

「ばーん」の思い出

先日の「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」に「ばーん」の高田千尋さんが永野芽郁のものまねで出場し、思わずツィートしたら、思いがけず本人から「いいね」をいただいた。恐縮です(汗)思えば「ばーん」を始めて見たのは2015年の元旦早朝の「おもしろ荘…

ペトリ・サカリのシベリウス 交響曲第5番

シベリウス 交響曲第5番ペトリ・サカリ指揮 アイスランド交響楽団(1997)細かい音型の積み重ねの部分で妙なアクセントを付けているので音の流れが悪くなっている。彼のこだわりなのかもしれないが、大変疑問。ここにきて、どうした!ペトリ・サカリ!と思…

ペトリ・サカリのシベリウス交響曲全集 邦盤と洋盤の差異

前にも書いたが、今回購入したペトリ・サカリのシベリウス交響曲全集は邦盤であった。ネットで"ペトリ・サカリ" "シベリウス交響曲全集"で検索すると、今回購入した通販サイトと違うサイトで別のジャケットのシベリウス交響曲全集(洋盤)を発見したのだが、…

ペトリ・サカリのシベリウス 交響曲第6番

シベリウス 交響曲第6番ペトリ・サカリ指揮 アイスランド交響楽団(2000)テンポが実に丁度いい。今まで聴いてきた指揮者でも、ヴァンスカでさえテンポについては100%気に入った指揮者はいなかったが、この人は本当に丁度いい。テンポを上げて欲しくな…

八戸市南郷大字中野治仏塚 稲荷神社

blog.livedoor.jp

ペトリ・サカリのシベリウス 交響曲第7番

シベリウス 交響曲第7番ペトリ・サカリ指揮 アイスランド交響楽団(2000) 以前「ネット上でもほとんど情報が無い」と書いたペトリ・サカリであるが、購入したシベリウス交響曲全集が日本盤であり、ペトリ・サカリの解説もあった。なんと!彼もヨルマ・パヌ…

3DCGアニメの「ルパン三世」に対する違和感

CGアニメは、例えば「シュレック」や「Mr.インクレディブル」や「アナと雪の女王」やら、普通に楽しんで見ていた。しかし、3DCGアニメの「ルパン三世」の予告編を見た時の大いなる違和感はなんだろう。改めて考えてみると、上記のアニメでも違和感はあった…

THE W ハラショー そしてジュリア・マイケルズの「Uh Huh」

ちょっと遅い話題だが、THE W は年々レベルが上がってきている。決勝のハラショーは完成度が高く、優勝してもおかしくなかったが、こういう大会では理不尽な理屈抜きの爆発的な笑いが必要なのだという事を改めて感じた。M-1の和牛が3年連続準優勝なのも、そ…