ペトリ・サカリのシベリウスとカラヤンのシベリウス

以前、ヨルマ・パルマのクレルヴォ交響曲の時に、Naxosレーベルについて「Naxosの理念は、無名でも実力のある演奏家を起用することで廉価で良質の演奏の録音を提供する事である。」という事を書いたが http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2019/09/29/0751…

三戸郡階上町道仏蔦木 神社

blog.livedoor.jp

イマ・スマック

いつもながら前置きが長いが、ふと「エル・シド」や「ベン・ハー」を思い出して、そういえばチャールトン・ヘストンの出てる映画って他は「黒い絨毯」「十戒」「猿の惑星」シリーズ「三銃士」シリーズぐらいしか知らないなあ、と思って調べてみた。個人的に…

大昔のスペース・オペラ

以前にも書いたが、SFを読み始めの頃は、スペース・オペラやヒロイック・ファンタジー等は敬遠していた。 なので、代表的な作品や作家の名前を認識している程度であった。たまたま家にある創元推理文庫の古本の中の一冊を手にして、巻末の既刊本の紹介欄を…

ポツンと一軒家 岩手

12/1のポツンと一軒家は岩手であったが、最初の地図で岩手県北であることがわかったので、ご近所と言えばご近所(笑)気になったので探ってみた。手掛かりは木製の看板の簡易郵便局。ここがわかれば大きな栃の木の分岐点まではストリートビューで追える。そ…

岩手県九戸郡軽米町晴山第20地割 新舘神社(北の鳥居)晴山の石碑群と祠

blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp

三戸郡南部町高瀬大久保後 祠

blog.livedoor.jp

アンタッチャブル復活

昨夜のアンタッチャブルのサプライズ復活には感動した。改めて柴田英嗣の素晴らしさを感じた。例えばインディアンスとか、ザキヤマを思わせる暴走系のうざいボケのコンビとかが若手でも出てきたが、やはり柴田クラスの突っ込みがあってこそ、という気がする…

大阪フィルハーモニー交響楽団の第1回ヨーロッパ演奏旅行についての本

ふと思い出したのだが、20代の頃、朝比奈隆さんの書かれた「楽は堂に満ちて」を所有していたのだが、かの聖フローリアン教会におけるブルックナー第7番の演奏があった大阪フィルハーモニー交響楽団の第1回ヨーロッパ演奏旅行について書かれた本も持ってい…

サザエがどんぎつね

昨日、見るとはなしに見ていたアニメのほうのサザエさんであるが、サザエさんがどんぎつねになっていて腹から笑った。日清公式サイトにもアップされている。 youtu.be

シベリウスのクレルヴォ的作品群(勝手に命名)

以前にシベリウスの「カレリア序曲」がクレルヴォ交響曲の第1楽章に雰囲気が似ている、と書いたことがあったが http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2019/10/30/045400 先日久々に、ヤルヴィのシベリウス「春の歌」を聴いて、息の長い旋律や哀愁感がやは…

淋代海岸 ブレインストーミングの聖地(勝手に)井森美幸

先日の淋代海岸であるが http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2019/11/18/083504 本日妙に暖かいので、道が凍る前のチャンスと思って行ってみた。こういう良さげな林を抜けて行くと ビードル号と井森美幸が佇んでいた展望塔が。 天気は晴朗でなく波も高し…

鶴喰若宮八幡宮と長慶天皇

blog.livedoor.jp

三戸郡五戸町越掛沢 金毘羅大権現

blog.livedoor.jp

上北郡六戸町鶴喰日向山 鶴喰若宮八幡宮(三大木)(山の神)

blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp

マツコとガンダムジオラマ

昨夜の番組で、マツコ・デラックスがマチルダさんの死をテーマとしたトリプル・ドム VS ガンダムのジオラマを作成する、というのをやっていたが、マツコのマチルダさんへの思い入れはなかなかに納得できるものがあった。(個人的には、マチルダでもマチルダ…

壇蜜と清野とおるが結婚

これはびっくり。「東京都北区赤羽」の清野とおるが http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20090620/p2 壇蜜と結婚ですと~!!!

サラステのシベリウス「夜の騎行と日の出」

シベリウス「夜の騎行と日の出」ユッカ=ペッカ・サラステ指揮 フィンランド放送交響楽団(1988) 聴き始めてびっくりした。やたらとテンポが速い。以前「一気呵成のドラマティックな演奏」と書いた http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2019/06/25/045501 …

サラステのシベリウス 交響曲第1番

シベリウス 交響曲第1番ユッカ=ペッカ・サラステ指揮 フィンランド放送交響楽団(1987) シベリウスの交響曲第1番は、交響詩的な側面があるとは巷間で言われている事だし、そういった前提の音作りをする指揮者が多いのも事実である。しかし、サラステは実…

淋代海岸 三村マサカズ ブレインストーミング

先日、当地ではたぶん遅れて入った(あ、テレビで「入る」っていうのは青森方言だと知らなかった)番組で、さまぁ~ずの三村マサカズが淋代海岸を訪れていた。そこに至るまでの林の雰囲気がすごくよく、また海岸に展望台やビートル号も置いてあったりして、…

上北郡六戸町 鶴喰日向山 駒形神社 小平前平 祠

blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp

タイヤ交換

本日早めのタイヤ交換

サラステのシベリウス 「フィンランディア」(と、ヴァンスカ新旧盤)

シベリウス 「フィンランディア」ユッカ=ペッカ・サラステ指揮 フィンランド放送交響楽団(1987) サラステの「フィンランディア」には、通俗的でない演奏を期待したのだが、お祭り騒ぎになってしまっていて残念。今回いろいろ聴きなおしたが、やはりヴァン…

サラステのシベリウス 交響曲第4番

シベリウス 交響曲第4番ユッカ=ペッカ・サラステ指揮 フィンランド放送交響楽団(1988)一般に陰鬱と言われる第4番であるが、サラステは柔和かつ精緻な音作りでほとんど陰鬱さを感じさせない演奏で、この第4番が深い美しさに満ちた曲であることを教えてく…

シベリウス 組曲「ベルシャザール王の饗宴」

シベリウス 組曲「ベルシャザール王の饗宴」ユッカ=ペッカ・サラステ指揮 フィンランド放送交響楽団(1989)初めて聴くシベリウスの曲である。最初「ベルシャザール王って誰?」と思ったが、なんとそっち方面(笑)では有名な、旧約聖書のダニエル書に登場す…

三戸郡階上町 赤保内寺下 祠2つ 道仏上野前 神社 道仏銀杏木窪 祠

blog.livedoor.jp

角館の七色稲荷神社 鹿嶋神社 白瀧神社

blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp

古関裕而と「モスラの歌」

次の朝ドラについては全く知らなかったが、脚本家がどうこうというニュースを見て、誰を扱ってるか調べたら古関裕而という作曲家だという。どんな曲を作ったのか調べてびっくり。超有名曲がこれでもかと出てくる。軍歌ならば「若鷲の歌」(若い血潮の予科練…

サラステのクレルヴォ交響曲の話

前置きが長くなるが、久々にヴァンスカ指揮のシベリウスの劇音楽「テンペスト」を聴いて http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2019/07/11/050444 メゾ・ソプラノのリリ・パーシキヴィが、メゾながら高音が私の好きなソプラノ、ヤノヴィッツを思わせる雰囲…

サラステのシベリウス 交響曲第3番

シベリウス 交響曲第3番ユッカ=ペッカ・サラステ指揮 フィンランド放送交響楽団(1989)細かいニュアンス付けと自然なダイナミズムが同居する驚異的な演奏だが、若干テンポが速くせわしなくなってしまった。ここにきて初めてサラステの「気負った」演奏に出…