2009-09-23から1日間の記事一覧

鷲 (光文社文庫)

岡本綺堂 「白髪鬼」から漏れた「近代異妖篇」や、「異妖新篇」「怪獣」等から編まれた光文社の綺堂怪談の第3弾である。 小学館文庫の「岡本綺堂 怪談選集」とは「兜」「鰻に呪われた男」「くろん坊」が重複する。 大正から昭和初期の作品ということで、時…

白髪鬼 岡本綺堂怪談集 (光文社文庫)

岡本綺堂 先日の「影を踏まれた女」に収録されていた「青蛙堂鬼談」の続編「近代異妖篇」を収録。小学館文庫の「岡本綺堂 怪談選集」とは「白髪鬼」「妖婆」が重複する。 相変わらず「理屈の通らない、理論的に何の解決もしない恐怖」に満ちた作品揃いである…

凶笑面(2000)

北森鴻 ちょうど1年ばかり前、書店で「写楽・考」というタイトルの文庫を見つけた。高橋克彦さんのファンというのみならず、江戸文化等に興味を持つ身としては「写楽」ときたら、一応は内容を確認しなければならない。 そうしたら、民俗学ミステリーだとい…

今回もなんとなく判然としない結果だが、それはさておいても、ジャルジャルの点数が低すぎないか?

一昨日の小岩井農場で奥さんが買ったフィギュア

蓮丈那智シリーズ 岡本綺堂の怪談