読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R・シュトラウス「ばらの騎士」 先日、第1幕のテンポに文句をつけたカルロス・クライバー盤であるが(こちら)その欠点や、元帥夫人のクレア・ワトソンの不調(こちら)があっても、それを補って余りある極上の音世界である事は確か。 あれだけ「ばらの騎…

R・シュトラウス 「ばらの騎士」

クライバー指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団(1973) 何遍も書いているが、私が初めて「ばらの騎士」に触れたのは、TVで放送された、カルロス・クライバー指揮のバイエルン国立歌劇場盤(1979)で、TV音声を受信できるラジカセでテープにとって、長ら…

デアゴスティーニ・オペラ「ばらの騎士」

6月22日発売のデアゴスティーニ・オペラは「ばらの騎士」である。 できれば、見た事のない映像が発売されて欲しかったが、 クライバー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団(1994) である(こちら)(映像はこちら)ようつべにもけっこうある。 個人的には残…

長身、スマートな「ばらの騎士」のオクタヴィアン

誰かさんはこのオクタヴィアンをどう思うか(笑) クライバー指揮1994年盤。オクタヴィアンはフォン・オッター。

勢いでクライバー指揮の1979年の「ばらの騎士」を見てしまう(笑) 考えてみれば、自分がLD時代からずーっと見ているので、この映像は今まで紹介してこなかった。 どれだけポップがかわいいか(笑)ファスベンダーのズボン役(男役)が見事か、判っていた…

シュトラウス「ばらの騎士」(1994)

クライバー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 以前「CDがわりに」という暴言を吐いたことのある(こちら)クライバーの「ばらの騎士」の1994年の映像を久々に見た(少しずつだったが) 今回、あらためて思ったのが、男爵のクルト・モルの音程の正確さだった…

R・シュトラウス 「ばらの騎士」

クライバー指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団(1973)

R・シュトラウス 「ばらの騎士」DVD

クライバー指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団(1979) 「ばらの騎士」を締めくくるのは、やはりこの映像しかない。改めて見て(聴いて)も、総合的にベストオブベストである。ラストはやっぱり泣いてしまう。思えば、ちょうどオペラを聞き出した頃に、例の…

R・シュトラウス 「ばらの騎士」

クライバー指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団(1973)以前ポップのバイエルン国立歌劇場管弦楽団での音源のCDについて書いた時(こちら)クライバーのばらの騎士(1972)が一部なので「こんなのがあるなら全曲盤を出せばいいのに!」と書いたが、調べたら…

リヒャルト・シュトラウス「ばらの騎士」

さて、最後に抜群の映像をひとつ。ワーグナーの後継者として、かなりおそろしい和音のくらーいオペラを書き続けた彼が一転喜歌劇に挑戦し大成功。ストーリーはバカなエロ少年と年上の女性と娘の三角関係と言ってしまえば実もふたも無いが、人間の世界はこん…