クナッパーツブッシュのブルックナー

ブルックナー・リハビリ

ブルックナー・リハビリ 長らくオペラ、そしてワーグナーを聴いてきて、ようやくクレンペラーのブルックナーを聴く段になったが、以前のようにブルックナーを聴けるかどうか、という不安があった。 ワーグナーの影響が大きかったかどうか、ということなのだ…

ブルックナー 交響曲第8番

最近また、ブルックナー三昧であることは以前書いた。 交響曲第8番の総括はこちらだが、一般には、 クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963) シューリヒト指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1963) この2種類があ…

ブルックナーの個人的な総括 交響曲第8番

ブルックナー 交響曲第8番の第1稿以外という条件でのブル8のベストは、まずはなんといってもクナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963)となる。ただし条件付(こちらとこちらとこちら)どれだけの種類のブルックナーの音源…

ブルックナー 交響曲第5番の総括

ブルックナーの個人的なベストと今まで書いてきたが、ベストというにはあまりにも数を挙げ過ぎるので、個人的総括という事で。 今回なるべく聴きなおしをしたが、思い知らされたのが、シューリヒトとクナッパーツブッシュの素晴らしさである。 彼らを除くと…

ブルックナー 交響曲第3番の個人的なベスト

以前ブル3については 「現在存在するブル3のすべての版がさまざまな意味で中途半端である」 「人に薦められる理想の版や演奏が決めづらく、できるなら、1版、3版(改訂版)両方を聴いてもらって、補い合ってこの作品を愛でて欲しい」 と書いた(こちら)…

ブルックナー 交響曲第3番 クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1964) ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」 クナッパーツブッシュ指揮 ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団(1951)

ブルックナー 交響曲第8番 他

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963) 以前に何回か書いているが、クナのブル8のミュンヘン・フィル盤のCDは、今まで私が認識していた発売は以下の4回。1989年 MCA盤 1991年 邦盤(ワーナー・パイオニア) 1997年 日…

ブルックナー 交響曲第7番

クナッパーツブッシュ指揮 ケルン放送交響楽団(1963) ア○ゾンで取寄せ中、いつまでたっても届かない中、いつのまにかユーズドで廉価でアップされていたのですかさず購入。 これも、抑えておきたかったクナ晩年のブル7。 一説によるとクナッパーツブッシュ…

ブルックナー 交響曲第4番

クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1964)改訂版 クナッパーツブッシュ死の前年、かつ彼のブルックナー最後の録音である。 世評ではクナ最晩年の衰えが見えると言われる演奏だが、やはりファンとしては押さえておきたかった。し…

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」の個人的なベスト

ある意味この曲は決定版というのがない。強いて言えばクナッパーツブッシュだが、やはり改訂版使用は割り引かざるを得ない。また第1稿は別曲ということでここからは外させていただく。 というわけて、以下はベター・グループ クナッパーツブッシュ指揮 ウィ…

ブルックナー 交響曲第8番

クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1961) 今までもちらちら書いてきたが、クナッパーツブッシュのブルックナー交響曲第8番は、今のところ以下の5種類が発売されている。 1 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1951) 2 バ…

ブルックナー 交響曲第8番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963)改訂版 1980年発売 アナログ盤先日、クナのブル8をアナログ盤で確認したいなあ、と書いたらこれまたドンピシャでオークションがあって落札してしまった。病膏肓に入る(劇爆)今まで…

ブルックナー 交響曲第8番 クナッパーツブッシュ指揮 バイエルン国立管弦楽団(1955)改訂版 マタチッチ指揮 NHK交響楽団(1984)

ブルックナー 交響曲第8番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963)改訂版(2001年リマスター) 現在日本盤として出回っているクナのブル8は、1997年のリマスター盤であるが、本家ウェストミンスターから2001年にリマスター盤が出ているとは知らなか…

ブルックナー 交響曲第8番 クナッパーツブッシュ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1951)改訂版ブルックナー 交響曲第2番 ヤング指揮 ハンブルク・フィルハーモニア管弦楽団(2006)

ブルックナー 交響曲第8番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963)改訂版 常にブル8のベストとして推してきた演奏であるが、デジタル・リマスター盤を購入後約10年、聴くたびに「あれ?こうだったかなあ?なんか違うなあ」と今ひとつ感動できなか…

ブルックナー 交響曲第3番 クナッパーツブッシュ指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団(1954)

ブルックナー 交響曲第3番 改訂版

クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1960) クナのブル3は5種類の音源が出ているが(こちら)この音源で、とうとうすべてを入手することができた。 さて、1954年オフィシャル、1954年ライブ、そしてこの1960年ライブは非常に似…

ブルックナー 交響曲第9番 クナッパーツブッシュ指揮 バイエルン国立管弦楽団(1958) ブルックナー 交響曲第3番 クナッパーツブッシュ指揮 北ドイツ放送交響楽団(1962)

ブルックナー 交響曲第5番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1959 ライブ)

ブルックナー 交響曲第8番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 (1963 ライブ)

ブルックナー 交響曲第4番

クナッパーツブッシュ指揮 ベルリン・フィルハーモニー交響楽団(1944)改訂版 例の大全集で、放送用録音なので、年代の割には抜群に音はいい。若い頃の演奏なので、かなり緩急自在にテンポが動くがブルックナーの本質から外れていないし、元々外面的な面が…

ブルックナー 交響曲第4番

クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー交響楽団(1955)改訂版 この音源はアナログ時代の私のブル4の原点であるが、久々に聴くと、外面的効果をねらった改訂版の使用がやはり気になる。例えば、素朴な木管にヴァイオリンが重なり、素朴なチ…

ブルックナー 交響曲第3番

クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1954) 先日でいうところの1.の演奏である。 ブルクナーを聞き始めの若い頃は、そうそうLPも買える訳ではなく、3,4,5はクナのデッカのスタジオ盤で初めて接したの今でも印象深い。こ…

ブルックナー 交響曲第5番 クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1956) ブルックナー 交響曲第5番 クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1959) ブルックナー 交響曲第3番 クナッパーツブッシュ指揮…

ブルックナー 交響曲第3番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1964) で、聴いてしまう。基本的にはこちらの感想といっしょ。激しさは若干4.の方が上だがスケールは一回り大きい。変幻自在のニュアンスが込められた、もう怪物と言っていい演奏。

ブルックナー 交響曲第3番

クナッパーツブッシュ指揮 北ドイツ放送交響楽団(1962) 5.をまた聴きなおさないとはっきりしたことは言えないが遅めのテンポで印象はかなり5.に近いと思う。しかし、クナの強引な指揮ぶりにオケがついてこれていない部分もある。さすがのクナでもこの…

ブルックナー 交響曲第3番

クナッパーツブッシュ指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団(1954) 1.よりもテンポは速く、こまかい即興がちりばめられ、一瞬の油断もならない。時折クナのうなり声が聞こえる熱演。オケの乱れもクナなればご愛嬌か。これは、ブルックナーを堪能するという…

クナのブル3

クナッパーツブッシュが指揮したブルックナーの交響曲第3番の音源は、今のところ下記の5種類 1.1954/04 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 オフィシャル盤 2.1954/10 バイエルン国立歌劇場管弦楽団 3.1960 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 4…

ブルックナー 交響曲第3番(改訂版)クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1954)

ブルックナー 交響曲第9番

クナッパーツブッシュ指揮 バイエルン国立管弦楽団(1958) 例の大全集である。なんの理由も無くなんとなく聴いてしまう。 クナのブルックナー第9は1950年のものを2種聴いている事を以前書いた。 さて、この1958年盤はクナにしては速めのすっきりしたテン…

ブルックナー 交響曲第8番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1963年1月24日ライブ 先日ちょっと書いた、オリジナルマスターからのクナのブル8、ミュンヘン・フィルライブである。 超名演のミュンヘン・フィルとのスタジオ盤は、録音上の欠点がひとつだ…

ブルックナー 交響曲第5番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1959) 体調も大分良くなったので、そろそろ外の空気も吸おうと出かけて、たまたまショッピングセンターのCD売り場に行ったら、たぶん発売したばかりのクナのオリジナルマスター復刻シリ…

ブルックナー 交響曲第7番

クナッパーツブッシュ指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団(1949) 例の大全集、私は、クナのブルクナー7番は初めてなので期待が大きい。第1楽章前半は、ウィーンフィルの響きは絶品だが、若さからかテンポの動きが若干大きくクナにしては平凡かと思っ…

ブルックナー交響曲第4番

クナッパーツブッシュ指揮ベルリンフィルハーモニー(1944) 例の大全集。やはりロックの未聴は聴く気になれなくて、クナのブルックナーに癒されようと思ったが、重たいのは無理と判断し比較的軽い4番にする。放送用録音とは言え1944年にしてはむちゃくちゃ…

1950年1月30日のクナッパーツブッシュのベルリンフィルコンサートの曲目であるが、 ワーグナー「パルシファル前奏曲」 ベートーヴェン「コリオラン序曲」 シューベルト「交響曲第8番『未完成』 ブルックナー「交響曲第9番」 最初は、これってありか?と思…

ブルックナー 交響曲第3番

クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1964) クラシックを再び聴き始めて、予想していた事だがやはりブルックナーを聞き始める。ブルックナーを聞き始めると容易に抜け出せないので、聴かないようにしていたのだが・・・しょう…