クラシック

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」のはしごが始まる。

先日の朝比奈さんの札幌アーカイブのブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」を聴いた時、いやな予感がしたのだが(爆)案の定「ロマンティック」のはしごが始まってしまった(自爆)以前「ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」の個人的なベス…

朝比奈隆 札幌アーカイブのシューマン 交響曲第3番「ライン」

シューマン 交響曲第3番「ライン」朝比奈隆指揮 札幌交響楽団(1972)札幌アーカイブの朝比奈隆である。朝比奈さんのシューマンは第3番「ライン」が大フィルとの1994年盤、新日本フィルとの1995年盤、第4番が関西フィルとの1987年盤があるらしい。あるらし…

朝比奈隆 札幌アーカイブの ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」朝比奈隆指揮 札幌交響楽団(1978)札幌アーカイブの朝比奈隆である。私にとっての朝比奈さんのロマンティックは、やはり東京カテドラルの日本フィル盤http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20081211/p1が印象…

朝比奈隆 札幌アーカイブの ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲朝比奈隆指揮 札幌交響楽団(1969)朝比奈さんの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲(以下マイスタージンガー)は「管弦楽名曲集」(1980)があるが、札幌交…

朝比奈隆 札幌アーカイブの ブルックナー 交響曲第0番

ブルックナー 交響曲第0番朝比奈隆指揮 札幌交響楽団(1982) というわけでhttp://hakuasin.hatenablog.com/entry/2017/11/05/134233やっとのことで札幌アーカイブの朝比奈隆である。2ヵ月も経ってしまった(汗)前にも書いたがhttp://hakuasin.hatenablog…

ベルリオーズ 歌劇「ベアトリスとベネディクト」

ベルリオーズ 歌劇「ベアトリスとベネディクト」ジョン・ネルソン指揮 リヨン歌劇場管弦楽団&合唱団(1991)スーザン・グラハム(S)ジャン=リュック・ヴィアラ(T)ジル・カシュマイユ(Br)シルヴィア・マクネアー(S)ヴァンサン・ル・テキシエ(Bs)他…

ベルリオーズ「ベンヴェヌート・チェッリーニ」

ベルリオーズ「ベンヴェヌート・チェッリーニ」コリン・デイヴィス指揮、ロンドン交響楽団 合唱団(2007)グレゴリー・クンデ(チェッリーニ)ローラ・クレイコンブ(テレーザ)イザベル・カルス(アスカーニオ)ダレン・ジェフリー(バルドゥッチ)ピーター…

今後の予定とクリュイタンス・BOX

昨日書いたもう一種の「トロイアの人々」が到着延期の通知が来たので、ベルリオーズの他のオペラ2種の後は朝比奈隆の札幌アーカイブ・シリーズhttp://hakuasin.hatenablog.com/entry/2017/11/05/134233の後、以前「落ち着いてまとめて聴いてみたくなる」と…

クーベリックの ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」(イタリア語歌唱)

ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」(イタリア語歌唱)クーベリック指揮 ミラノ・スカラ座管弦楽団 合唱団(1960)マリオ・デル・モナコ(T)ネル・ランキン(S)ジュリエッタ・シミオナート(Ms)リーノ・プリージ(Br)アドリアーナ・ラッツァリーニ(A)ニコラ・…

シャルル・デュトワのニュース

先日のレヴァインに続いて、最近よく聴いているシャルル・デュトワまで・・・・なんだかなあ。http://hakuasin.hatenablog.com/archive/2017/12/06実は、デュトワ指揮でフォーレの「レクイエム」と「ペネロープ」http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2017/…

クーベリックの ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」(英語歌唱)

ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」(英語歌唱)クーベリック指揮 コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団(1957)ブランシェ・シーボム(Ms)ジョン・ヴィッカーズ(T)エイミー・シュアード(S)ラウリス・エルムス(Ms)デイヴィッド・ケリー(Bs…

クレスパンの ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」抜粋盤

ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」抜粋盤プレートル指揮 パリ・オペラ座管弦楽団(1965)レジーヌ・クレスパン(S)ギュイ・ショーヴェ(T)他こちらはオフィシャル盤で、テアトロ・コロン盤同様、クレスパンがカッサンドラとディドの2役、アエネーイスがシ…

クレスパンの ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」

ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」短縮盤ジョルジュ・セバスティアン指揮 ブエノスアイレス・テアトロ・コロン劇場管弦楽団(1964)レジーヌ・クレスパン(S)ギュイ・ショーヴェ(T)他 全曲を演奏するとCD4枚になるという「トロイアの人々」であるが…

デイヴィスの ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」新盤

ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」コリン・デイヴィス指揮 ロンドン交響楽団(2000)ロンドン・シンフォニー・コーラスベン・ヘップナー(T)ピーター・マッテイ(Br)ミシェル・デヤング(Ms)ペトラ・ラング(Ms)サラ・ミンガルド(A)他2000年から2003年にかけ…

クーベリックの ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」顛末記

ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」短縮版の抜粋盤(イタリア語歌唱)クーベリック指揮 ミラノ・スカラ座管弦楽団 合唱団(1960)マリオ・デル・モナコ(T)ネル・ランキン(S)ジュリエッタ・シミオナート(Ms)リーノ・プリージ(Br)アドリアーナ・ラッツァリー…

レヴァインのニュース

優れた芸術家が、必ずしも優れた人間ではない。あのフルトヴェングラーだってクナッパーツブッシュだって、カラヤンだって、聖人君子というわけではなかった。しかし、今回のレヴァインのニュースは、なんだかなあ・・・・とため息をつくばかり。元々そんな…

デュトワのベルリオーズ 「トロイアの人々」一聴目

ベルリオーズ 歌劇「トロイアの人々」シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団(1993)デボラ・ヴォイト(S)フランソワーズ・ポレ(S)エレーヌ・ペラギン(Ms)ゲイリー・レイクス(T)ジーノ・キリコ(Br)ジャン=フィリップ・クルティス(Bs)他…

ベルリオーズ 「トロイアの人々」について(と、ギリシャ神話の話)

ベルリオーズのオペラ「トロイアの人々」は4時間の大作で、その長さゆえに初の全曲上演が作曲後100年を経た1969年(コリン・デイヴィス指揮)完全版が演奏されたのがこのデュトワ指揮1993年で、その上演後にスタジオ録音されている。今まで何回か引き合いに…

ベルリオーズ「イタリアのハロルド」さらに2種

ベルリオーズ「イタリアのハロルド」 デュトワ指揮 モントリオール交響楽団(1987)ピンカス・ズッカーマン(Vla)デュトワのベルリオーズBOXである。当初ヴィオラ協奏曲を念頭に作曲が始まったが、結果的にヴィオラ独奏付きの交響曲という事に落ち着いた…

ベルリオーズの演奏会用序曲

ベルリオーズの演奏会用序曲で印象に残ったものをご紹介。 ベルリオーズ 序曲「ロブ・ロイ」デュトワ指揮 モントリオール交響楽団(1987) デュトワのベルリオーズBOXの「イタリアのハロルド」のカップリングである。「ロブ・ロイ」とは「スコットランド…

ベルリオーズの宗教的合唱曲

ベルリオーズ「来たりたまえ、創り主なる精霊よ」「タントゥム・エルゴ」「水浴びするサラ」「東方の3博士の四重唱と合唱」「神聖な歌」(9つの歌曲「アイルランド」より)デュトワ指揮 モントリオール交響楽団&合唱団(1995~1997)ジョン・マーク・エイン…

デニス・キーン&ヴォイシズ・オブ・アセンションのベルリオーズ「テ・デウム」

前回書いたように、今回入手したベルリオーズのBOXで「テ・デウム」を収録しているのがインバルのみであった。一つの曲はなるべく複数の演奏で聴いておきたいので、単独でもう1種類購入する事にしたのだが、そもそも録音自体が少ないので苦労したが、い…

インバルのベルリオーズ「テ・デウム」

ベルリオーズ「テ・デウム」インバル指揮 ランクフルト放送交響楽団(1988)フランクフルト声楽アンサンブルマインツ・キリスト教会バッハ合唱団とクレンデヘッセン放送児童青年合唱団マティアス・アイゼンベルク(Org)キース・ルイス(T) インバルのベル…

シェルヘンのベルリオーズ「レクイエム」

ベルリオーズ「レクイエム」シェルヘン指揮 パリ・オペラ座管弦楽団(1958)ジャン・ジロドー(テノール)フランス国立放送合唱団ベルリオーズ名演集BOXであるが、マルケヴィチの時に引き合いに出した、個性派指揮者の先輩格であるシェルヘンが「レクイエ…

ベルリオーズ「トリスティア」

ベルリオーズ「トリスティア」 デュトワ指揮 モントリオール交響楽団 合唱団(1996)デュトワのベルリオーズBOXで「レリオ、あるいは生への復帰」とカップリングされていた曲。詳細はよくわからないが、合唱曲でウィキペディアのベルリオーズの楽曲一覧に…

ベルリオーズ「葬送と勝利の大交響曲」

ベルリオーズ「葬送と勝利の大交響曲」デュトワ指揮 モントリオール交響楽団 合唱団(1985)デュトワのベルリオーズBOXで「ロメオとジュリエット」の2CD目にカップリングされていた曲。以下、ウィキペディアによると「ベルリオーズの交響曲はいずれも…

ベルリオーズ「レリオ、あるいは生への復帰」

ベルリオーズ「レリオ、あるいは生への復帰」デュトワ指揮 モントリオール交響楽団 合唱団(1996)ランベール・ウィルソン(ナレーション)リシャール・クレマン(T)ゴードン・ギーツ(T)フィリップ・ルイヨン(Br)他 デュトワのベルリオーズBOXである…

インバルのベルリオーズ「幻想交響曲」

ベルリオーズ「幻想交響曲」インバル指揮 フランクフルト放送交響楽団(1987)インバルのベルリオーズBOXである。非常に渋い、虚飾を排した真摯な演奏で、まるで別の曲のようである。こういう曲をこういう風に演奏すると、中身が無いのが露呈してしまう、…

デュトワのベルリオーズ「幻想交響曲」

ベルリオーズ「幻想交響曲」デュトワ指揮 モントリオール交響楽団(1984)デュトワのベルリオーズBOXである。全体にゆったりとしたテンポでじっくりと演奏されている。特に第3楽章は実験レベルかと思うくらい遅い。これはこれで面白いが推進力に欠けるの…

マルケヴィチのベルリオーズ「幻想交響曲」

ベルリオーズ「幻想交響曲」マルケヴィチ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1954)ベルリオーズの「幻想交響曲」はミュンシュ盤を3種所有していたがhttp://hakuasin.hatenablog.com/entry/2017/09/21/045840BOXを買った事により、新たに3種入手…