読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ

おんな城主直虎 山口紗弥加の話

「おんな城主直虎」の視聴率が悪いそうである。個人的には、脚本も、演出も、役者もいいのになぜ?と思うのだが、私は世間とづれているのだろう。で、今日は山口紗弥加の話であるが、おじさんが知っている山口紗弥加ってこんなに芝居がうまかったっけ?等と…

おんな城主直虎 第12回の話(高橋一生の白目)

3月26日放送分なので、前の話であるが、その時書こうと思っていて忘れてしまっていたので、あらためて書く。最後の最後で、柴咲コウ演ずる次郎法師が「われが、井伊直虎である」と家臣の前で宣言した時、その左前に同方向を向いて控えている高橋一生演ず…

「1周回って知らない話」と「ナイトライダー」と「探偵!ナイトスクープ」

毎週見ているわけではないが、気になるゲストの時には見ている「1周回って知らない話」であるが、おじさん世代には懐かしくなる瞬間がある。(違ったら申し訳ないが)BGMが1980年代のアメリカのドラマ「ナイトライダー」のテーマ曲に聴こえるのだ。ちなみ…

井伊直政の話と「おんな城主直虎」

個人的には井伊直政という人は、既に(って言い方もおかしいが)徳川四天王になってからの事しか知らなかった。徳川四天王っていうぐらいだから、井伊家は徳川家(松平家)譜代の家臣なんだと漠然と思っていたし疑いもしなかった。しかし、今回の「おんな城…

レンタルの恋

先日の「おんな城主 直虎」同様、撮りためていたものを見ている。視聴率はあまりよろしくないようだが、太賀、岸井ゆきのがいい味を出しているし、ストーリーも何気に深い。本田翼もそうなのだが、剛力彩芽は世間でいうほど悪くないと思うんだがなあ。

家康の正室 築山殿

徳川家康の正室は、今川人質時代に娶った(娶らされた)築山殿であるが(後に長男信康が信長の命により切腹した際殺されている)今まで今川の血筋だと漠然と思っていたのだが、今回の大河ドラマで、実は井伊家の血筋だと初めて知った。しかし、築山殿が菜々…

おんな城主 直虎

NHK大河ドラマを見なくなって久しいが、今年は見てみようかなと思って、初回から録画していたものを、この週末でやっと第4話まで(子役時代)見た。子役を含めた俳優陣や、演出、カメラワークもよいのだが、やたら話が面白いと思ったら、脚本が「ごちそ…

遊井亮子と「剣客商売」

「マツコの知らない世界」の「2時間サスペンスの世界」で、いわゆる「2時間サスペンスあるあるドラマ」に出ていた遊井亮子が、大変いい雰囲気だった。遊井亮子を寡聞ながら知らなかったのだが、なんと藤田まこと版「剣客商売」に手裏剣お秀役で出ているでは…

大河ドラマ「国盗り物語」(1973)の思い出

ふと思い出したのだが、頭の中に残っている大河ドラマのシーンがあった。林隆三演じる武将が敵の軍勢を前に恐怖にかられた時、横にいた女性(妻なのか恋人なのか覚えてない)に「南無阿弥陀仏と唱えなされ」とか言われて、その通りにしたら心が落ち着いてき…

北大路欣也版「剣客商売」第4作

北大路欣也版「剣客商売」第4作北大路欣也版の「剣客商売」第4作が、当地では遅れて放映されたものを録画して、やっと見た。これでやっと北大路欣也版の「剣客商売」を見ることができた。「陽炎の男」と「嘘の皮」を一つの話にまとめているため、破たんや…

「民王」の話

「民王」の話私は、映画やドラマの「入れ替わりもの」が苦手である。嫌いなのではない。感情移入が激しいせいか、切なくなって見ていられなくなるのである。なので「民王」も自分から見ようとはしなかったのだが、奥さんと娘が録画してあるのをよこからちら…

実写版「ど根性ガエル」と「泣くな、はらちゃん」

実写版「ど根性ガエル」いまさら何を・・・・という感じで個人的にはスルーするつもりだった実写版「ど根性ガエル」であるが、他のキャスト入りのCMが入って白石加代子、薬師丸ひろ子の顔を見て、奥さんが「もしや!」と調べてみたら、ビンゴ!脚本、演出…

「剣客商売」とそのドラマについて

池波正太郎「女武芸者」(剣客商売)池波正太郎の「剣客商売」を読み始めているが、その第1作の短編「女武芸者」ですっかりもっていかれてしまった。シリーズの全貌が見渡せるような要素をすべて詰め込み、かつどんどん次を読みたいと思わせる、シリーズ第…

「東京都北区赤羽」実写化!

「東京都北区赤羽」実写化!以前触れた漫画「東京都北区赤羽」がhttp://hakuasin.hatenablog.com/entries/2009/06/20実写化されるそうだ!しかしテレビ東京・・・・こっちでも放送してくれ!

八戸にある柳原白蓮の歌碑

八戸にある柳原白蓮の歌碑今朝の地方紙をみてびっくりした。「赤毛のアン」の翻訳でも知られる村岡花子をモデルとしたNHK朝ドラ「花子とアン」に登場する、花子の腹心の友の蓮さま(仲間由紀恵)のモデルとなった柳原白蓮が、なんと1950年に当地八戸の蕪…

小島あやめ復活

小島あやめ復活かつてのラップ娘、そして娘と共に見た「シャキーン」のレギュラーだった小島あやめが、たぶん学業優先でしばらくお休みしていたのであろうが、高校卒業という事で、めでたく活動再開となった。「金田一少年の事件簿N(neo)」にレギュラー出演…

「死神くん」の「心美人の巻」

「死神くん」の「心美人の巻」最近ドラマでやっているが、我々世代には懐かしい漫画である、コミックスで買ったことはないが、連載していた雑誌は結構見ていた。なので、最近ドラマ化きっかけで出た総集編的コンビニ本を買ったのだ、ドラマ版の第1回の原作…

新春ワイド時代劇「影武者徳川家康」

新春ワイド時代劇「影武者徳川家康」1998年に一度ドラマ化された隆慶一郎氏の「影武者徳川家康」http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20051015/p2が、テレビ東京恒例の正月時代劇で再度ドラマ化されることは知っていたが、いかんせんこちらでは入らないの…

娘がまさかの曲を

娘がまさかの曲を気に入った曲があると、どんどん耳コピしてピアノで弾く娘であるが、本日佐久間一行の「井戸のうた」を弾きはじめた。奥さんと二人で大爆笑。奥さんに聴くと、初めて聴いた、ということで初めてトライしたのだろうが、既に完成形に近い!R…

ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」からの3楽章と「のだめ」

ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」からの3楽章マウリツィオ・ポリーニ(pf)(1971)実は「ペトルーシュカ」は当初ピアノ協奏曲として構想されたものから題材をとったらしく、管弦楽版でもピアノが登場する。 アマゾンで最も入手しやすかったから、とい…

来秋の朝ドラの話

来秋の朝ドラの話来秋の朝ドラの主人公が、ニッカウヰスキーの創業者の妻(スコットランド人)だそうだ。 来春の朝ドラの主人公が「赤毛のアン」の翻訳者、村岡花子で、作者のモンゴメリーがアイルランド系移民の子孫だから、なんかケルトづいているな。俳優…

クロコーチ

クロコーチ奥さんが録画して見ている横で、見るとは無しに見ていたのだが、単にやくざまがい刑事の話と思いきや、むちゅくちゃ奥が深そうで興味を持った。何かに雰囲気が似ているな、と思って調べてみたら、案の定原作の漫画のそのまた原作がリチャード・ウ…

アンのゆりかご

アンのゆりかご(村岡花子の生涯)(2008)村岡恵理来年の朝ドラが、「赤毛のアン」の翻訳の草分け村岡花子の生涯を描く「花子とアン」との事で、モンゴメリー・ファンには気になるところ。ということで、お孫さんが書いた、その原作を読んでみる。寡聞なが…

少年ドラマシリーズ「タイム・トラベラー」

少年ドラマシリーズ「タイム・トラベラー」(1972)先日、奥さんがテレビ放映の時録画して焼いてあった仲里依紗の実写版「時をかける少女」を見た。アニメ版もそうだったが、よくこれだけ派生のアイデアが出るものだと感心してしまった。(ただし、今回知っ…

ショムニ2013と本田翼

ショムニ2013が視聴率で苦戦しているそうである。配役的には曲者ぞろいで問題が無いんだが。ベッキー、安藤サクラ、安田顕、鈴木浩介・・・・特に片瀬那奈のはじけっぷりは特筆もの。本田翼は、例の藤森慎吾とのからみで初めて見てから、CM出演の時は「え…

「野田ともうします。」きっかけだ!

「野田ともうします。」きっかけだ!当地には遅れて入る「メレンゲの気持ち」(を録画していたもの)を見ていたら、柄本佑がゲストだったのだが、そもそも弟の柄本時生が安藤サクラと共演していて、そのつながりで、みたいな話をしていた。と、いう事は、も…

火怨・北の英雄 アテルイ伝

火怨・北の英雄 アテルイ伝再び蝦夷関連を読んだりしているので、以前録画していたものをやっと見た。元々は全4回(NHKのBS時代劇 2013年1月11日~2月1日)で、その後NHK総合テレビで全2回に再編集(3月23・30日)して放送。話もよくできていて大変に面白…

大河ドラマと差別

ちょっと古い話題だが、大河ドラマである県の人が、ドラマの中でその県が悪役扱いされているのが気にくわない、と言っているというネット上の話題を見た。歴史を小説やドラマにする場合、敵対しあっている勢力のどちらかに主人公が属していれば、当然もう片…

若き日のシベリウスとカール・ジェンキンス、デヴィッド・マッカラム

以前から、ソフトマシーンのカール・ジェンキンスが「0011ナポレオン・ソロ」のデヴィッド・マッカラムに似ているのではないか、と思っていた。ところが(未だ書いていないが)コリン・デイヴィスのシベリウス交響曲全集のジャケットに、若き日のシベリウス…

「泣くな、はらちゃん」と井田寛子の話

「泣くな、はらちゃん」が視聴率的に苦戦しているという話題があった。めったにドラマは見ない私が、これは面白い!と思ったのだが・・・・奥さんも「私がいいと思ったドラマは、かならず視聴率が悪い」とぼやいている。ちなみに例えば「すいか」(小林聡美 …

勇者ヨシヒコ

勇者ヨシヒコと魔王の城勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 奥さんと娘がはまってDVDを見ているのを、ちらちら横目で見て、いずれちゃんと始めから見ようと思っているのだが。これは日本コメディ史上に残る傑作ではないか?このバカバカしさは日本のモンティ・パイソ…

キョウリュウジャーに

キョウリュウジャーに木下あゆ美(デカイエロー)があっ!

野田ともうします。シーズン2

野田ともうします。シーズン2録画してあった「野田ともうします。シーズン2(全20話一挙再放送!)」を見た。履歴を見たら2012年9月の放送だ(汗)あまりに面白いので原作(奥さん所有)をまたちらちら見返したりしている。この面白さは原作は勿論だが、芝居…

コドモ警察に落合モトキ

コドモ警察に落合モトキ他の地方の方々には、何を今さら、な話ではあるが、岩手のテレビに遅れて入っていた「コドモ警察」が最終回を迎えた(ちなみに青森のテレビではようやく始まった(苦笑))時間が無かったので見れなかったのだが、終わったという事で…

「南朝迷路」のドラマ化?

塔馬教授の天才推理:隠岐島の黄金伝説殺人事件本屋で高橋克彦さんの「南朝迷路」の帯を何気なく見たら、佐々木蔵之介主演でドラマ化とあった。ええ!?っと思ったが、既に6月に放映済みだった。全く気付かなかった。タイトルも全然違うし!ぷんぷん。

家族八景 Nanase,Telepathy Girl's Ballad

映画「20世紀少年」でキョンキョンを演じた木南晴夏が主演、そして堤幸彦演出のこのドラマは是非見たいところだったが、案の定当地では放送が無く、今回やっと先週から(とは言え岩手であるが)放送され始めた。3か月遅れである。6月にはもうDVDが出る…

家政婦のミタ

先日書いたとおりに、現在得意先に直接出社している。9時出勤かつ比較的家から近いために、朝はかなり余裕がある。 水曜日に、いつもは見ない朝の情報番組を見るとはなしに見ていたら、話題のドラマが最終回との事で、それまでのストーリーがほとんどわかる…

ミス・マープル「パディントン発4時50分」

新シリーズである。人物の正確設定やストーリー上の細かい改変があるが、大筋は原作どおり。ただし、個人的にはこの改変はあざとくて好みではない。 この作品のヒロイン的存在のルーシーが、原作のイメージよりケバいんじゃないの、と思ったら、アマンダ・ホ…

ミス・マープル「牧師館の殺人」(2004)

原作ではミス。マープル長編第1作、新シリーズであるが、ほぼ原作通り。 なんとジェーン・アッシャーが出ている!この名でピンと来る人はかなりのお歳だ(笑)ビートルズのポール・マッカートニーの元婚約者である。がんばってるな。 他にも大物女優のジャ…

ミス・マープル「予告殺人」(2005)

クリスティお得意の犯人隠しの妙技と言う点では、個人的には「アクロイド〜」を超えているのでは?と思われる傑作「予告殺人」であるが、このミスマープルの新シリーズでも、かなりの傑作に仕上がっていると思う。展開のスムーズ化等、ドラマ化の改竄がすべ…

ミス・マープル「動く指」(2006)と「エリック・ザ・バイキング」(1989)

というわけで(こちら)またミス・マープル(新シリーズ)「動く指」を見直してみたら、なんかシミントン夫人役の人が、なんか見たことがある気がして調べてみたら(このシーンの女主人) イモジェン・スタッブスといって、なんとあの「エリック・ザ・バイキ…

踊る人形

ジェレミー・ブレットの「シャーロック・ホームズの冒険」第2話を見た。「ボヘミアの醜聞」もそうだったが、女優さんが美人だな。っていうか、ショーン・ヤング系の女優に弱いのかな私は(笑)調べたら"betsy Brantley"ベッツィ・ブラントリーというらしい。

アイリーン・アドラーを演じた女優

ホームズ・ファンならジェレミー・ブレットのテレビ・シリーズは知らない人はいないだろう。 私も大昔NHKで見た記憶があるが、先日奥さんがケーブルTVに入ったものを録画して焼いてくれていた。全41話中の半分ぐらいだが。で、いつものとおり、未見で…

最近のドラマ

基本的に最近のドラマは見ないのであるが、奥さんが録画していたものを見ているのを横で見ていて、興味をひかれるものはある。 賛否両論だった「Q10」であるが、脚本が木皿泉(やっぱり猫が好き すいか セクシーボイスアンドロボ)主演が仮面ライダー電王の…

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ「十三の冥府」

以前感想を書いた事がある(こちら)浅見光彦シリーズのドラマ化が先週放送されていたのを録画していて、冒頭部分のみ見てみた。 始めは「蕪嶋」次にお遍路さんが殺されるシーンは荒波で遊泳禁止の「大須賀海岸」であろう。 次に出てきた、海岸にそそり立つ…

先日書いた「野田ともうします」の話が(こちら)早くも実写第2週に登場! ttp://cgi2.nhk.or.jp/aoyama-k/index.cgi

「野田ともうします」実写化

先日とりあげた「野田ともうします」であるが(こちら)実写化されるという話があったのだが、A〇B48がからむというので、あまり期待していなかった。 が! 知る人ぞ知る 江口のりこ が野田さんだという!! 奥さんともども、大いに期待!

ドラマ「深夜食堂」

当地ではまだだが、最終回だそうである。 まだまだ映像化して欲しかったエピソードがいっぱいある。 半年ぐらいやって欲しかった。 パート2を切実に望むが、もしかして制作費とか赤字だったかな〜?

ドラマ「深夜食堂」

(原作:安倍夜郎) 「タマゴサンド」 原作と違って、ハッピーエンドでないのは、彼女が他の男とくっつく理由付けを掘り下げたためで、これはこれでリアルでいい感じ。 ?まさか、回またぎでハッピーエンドにする気か?

深夜食堂

深夜食堂にTEAM-NACSの音尾さん(音尾琢真)が出ていた。ボクサー役なんてぴったりすぎるぞ(笑)