ロック

娘のドラマーあるある?

今朝は部活があるというので娘を学校へ送って行ったのだが、何やら嬉しげである。ギターケースやベースケースを背負って学校敷地内を歩くと、一発でギタバン部(ギターバンド部=軽音楽部)とわかるのが憧れだったらしい。また、昨夜は、他のメンバーが弦や…

娘がベースを!

娘は2年生のバンド、ブレインストーミングのほかに、1年生のバンドをキーボードで手伝っている。 https://twitter.com/jun_jun8572 どうも、界隈ではベーシスト不足問題が持ち上がっているらしく、そのバンドもベースレスで、娘がキーボードで低音を補充して…

amazarashi「空に歌えば」Music Video に娘が?

昨日、娘を学校に迎えに行ったのだが、車に乗り込んだ娘が興奮気味に話したところ、以前から予告があった、娘が見に行ったライブの映像を組み込んだ amazarashi のPVが公開された、との事。娘が言うには「ここら辺に私がいるんだがなあ」はっきり言ってよ…

本日娘の学校の文化祭

本日娘の学校の文化祭。 動画はいずれ彼らのツィッターに載るかもしれない。 twitter.com twitter.com twitter.com

娘のバンドのライブが地方紙に

娘のバンドのライブが地方紙に載った。 ドラマーのさがとは言え、やはり後ろに隠れてちょっとしか見えない。 特徴のおでこでわかる(笑)

娘のバンドのライブ

ゆうべはまたまた娘のバンドのライブであった。

キッス デイブ・クラーク・ファイブ ボビー・ライデル

以前どこかに書いたが、キッスと言うバンドは私の高校時代にリアルタイムで好きになったのだが、当時はボブ・エズリンプロデュースの「地獄の軍団」まで買って、それ以降は聴くなくなってしまった。CD時代になってつい最近、化粧している時代までは揃えよ…

大橋トリオの「贈る言葉」と ビートルズの「ディア・プルーデンス」

季節がら、ラジオでは卒業にからんだ曲がよくかかっている。雪でバスが遅れるだろう、という時には娘を学校まで送ってゆくのだが、ラジオをつけたら曲の途中だった。暖房もガンガン入っているので、最初は邦楽なのか洋楽なのかもわからなかったが、ビートル…

娘のバンドの動画とテレビ出演

3年生の皆さん、卒業おめでとうございます 演奏ブレインストーミングで、3月9日です!! pic.twitter.com/laiV2Z4bAZ — ブレインストーミング【公式】 (@buresuto8571) 2017年2月28日 八戸高校応援団の皆さんと❤❤#wacchi pic.twitter.com/HHPBDmdNUM — のんち…

娘のバンドの動画

娘のバンドの動画がアップされた模様。 @sutorato11heki9 pic.twitter.com/v92wHi5ZY2 — kaitooo (@gurasan11guitar) 2017年2月27日

娘の参加するバンドのライブ

本日は(今回は行けなかったが)娘の参加するバンドのライブ、都合によりベースレス、前回同様、娘は米津玄師さんの「アイネクライネ」をピアノ弾き語り。ドラム兼ピアノってYO〇〇〇KIかって https://twitter.com/ChocolateLily5 https://twitter.com/bures…

娘のバンドのライブ映像

娘のバンドのライブ映像がちょっと見れるとのこと。11;45ぐらいからだが、このバンドのすごさが一番伝わらない曲だな・・・・https://twitter.com/buresuto8571

ブレインストーミング In 八戸 Roxx

というわけでhttp://hakuasin.hatenablog.com/entry/2016/12/21/120259娘の参加するバンドのライブへ行ってきた。Roxxへは、初めて行ったが、広さといい雰囲気といい、私の青春時代の「のらろば」を彷彿とさせ、青春時代が戻ったようで、大変懐かしかった。…

娘のライブハウス出演(クリスマス)

娘のバンドがクリスマスにまたライブハウスに出演するのだが前回は「親は来るな」と言っていたのにhttp://hakuasin.hatenablog.com/entry/2016/09/12/050347今回は「来い」と言っているようなので、行ってきます。

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞について

私は、とりたててボブ・ディランのファンというわけではないが、彼が及ぼした歴史的世界的影響については充分承知している。(洋楽遍歴は同時代のビートルズ・ファンから始まったからね(正確にいうと、その前にミッシェル・ポルナレフ)) 今回色々な意見が…

娘のライブハウス初出演

娘のライブハウス初出演昨日は、娘のバンドが、大学生を含む他のアマチュアバンド共にライブハウスに初出演した(らしい、親は来るなということで見てない)今回はメインボーカルもとっていたが、バンドが主催者やライブハウス関係者にえらく褒められたよう…

娘の文化祭ギタバン部

本日は娘の高校の文化祭で、ギタバン部(軽音部)の演奏があるというので見てきた。毎日夜中まで勉強しているのに、いつドラムがうまくなったのだ?というぐらい上達している。私の後ろで、しらない人が「ドラムがうまいなあ」という声が聞こえたので思わず…

ヨーコ・オノ「誰が風を見た」 (Who has seen the wind)

先日「平和の祈りをこめて」について書いたのだがhttp://hakuasin.hatenablog.com/entries/2016/05/23その後思いだしたのが、昔シングルでジョンの「インスタント・カーマ」を持っていたのだが、B面がヨーコ・オノの「誰が風を見た」で、これがなかなかにシ…

ジョージ・ハリソンの「アート・オブ・ダイイング」の話2つ

ジョージ・ハリソンの曲は、ビートルズ時代は「タックス・マン」やら「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」やら、ソロ曲では「二人はアイ・ラヴ・ユー」やら「美しき人生」やらをたまにベースで合わせたりするのだが「オール・シングス・マ…

女エルヴィス ジャニス・マーティン

ショルティの「さまよえるオランダ人」を聴く前に、ゼンタ役のジャニス・マーティンと言う人を知らなかったので調べてみたところ、1939年生まれのアメリカのソプラノである事がわかったのだが、同姓同名で1940年生まれの「女エルヴィス」と異名をとった、ロ…

「平和の祈りをこめて(Live Peace in Toronto 1969)」ザ・プラスティック・オノ・バンド

「平和の祈りをこめて(Live Peace in Toronto 1969)」ザ・プラスティック・オノ・バンドアナログ時代、ジョン・レノンのアルバムは「ジョンの魂」「シェイヴド・フィッシュ(ベスト・アルバム)」「ロックン・ロール(ロックン・ロール・スタンダードのカ…

キンタローのオノ・ヨーコのものまね

最近、キンタローがオノ・ヨーコのものまねをしていて、おじさん的には大ウケなのだが(なかなかいい映像が無かった。1:30ぐらいから) よく、オノ・ヨーコを知ってたな、とおもうのだけれど、最近の映像もけっこうあるからなのだ。そのうちの一つ。 こちら…

GLIM SPANKY「NEXT ONE」

GLIM SPANKY「NEXT ONE」先日出張途中の社有車で、ラジオをザッピング中に良さげな曲が流れていたのでうろ覚えの歌詞で検索してみたがわからなかった。今回、ふと思い出して検索してみたら、GLIM SPANKYの「NEXT ONE」だと判明。「野望を転がして道無き道を…

THE BAWDIES

THE BAWDIES奥さんが、娘の好きな米津さんが映るかも、ということで、あるロック・フェスティバルを録画していたのを見ていたのを横でちらちら見ていたのだが。THE BAWDIES というバンドを見て、ああ、日本にもまだこんなバンドがいるんだ、とうれしくなって…

ジミー・ベインの話、再び

ジミー・ベインの話、再び最近、くじ運がいいという話を書いたが、さらに予想外の収入があって、前々から欲しかった、レインボーのBOXや、未発表音源が追加されているデラックス・エディションを購入中。そんな中「レインボー・オン・ステージ デラックス…

続「私は風」シングル・バージョン(1978)カルメン・マキ&OZ

続「私は風」シングル・バージョン(1978)カルメン・マキ&OZ というわけでhttp://hakuasin.hatenablog.com/entries/2015/08/13届いたのだが「私は風」の解説に1978年に発売された2枚組ライブ・アルバムに収録されたものを編集しシングル・カットしたものと…

「私は風」シングル・バージョン(1978)カルメン・マキ&OZ

「私は風」シングル・バージョン(1978)カルメン・マキ&OZ以前こんなことを書いたがhttp://hakuasin.hatenablog.com/entries/2006/04/09「私は風」のシングル・バージョンはどのベストにも収録されていないので、もう聞くことはできないのか、と思っていた…

ロキシー・ミュージックの話、あれこれ

ロキシー・ミュージックの話、あれこれ最近、バンド時代のロキシー・ミュージックを、なんとなく順番に車で聴いていたりしたのだが、最後のライブ盤「VIVA!ロキシー・ミュージック」を聴いていて「あれ?」と思った。2曲目の「パジャマラマ」が、今まで聴い…

ジョン・レノン UFO そしてトニー・レヴィン

ジョン・レノン UFO そしてトニー・レヴィンアナログ時代、ジョンのソロアルバムは、ロックンロールスタンダードをエリック・クラプトン、クラウス・フォアマン、アラン・ホワイトと演奏した「ライヴ・ピース・イン・トロント」そして「ジョンの魂」を持…

ブライアン・フェリー・イン・ジャパン

ブライアン・フェリー・イン・ジャパン以前紹介した、ジョン・ウェットンが素晴らしい「ブライアン・フェリー・イン・ジャパン」の"A Hard Rain's A-Gonna Fall"の動画が見られなくなっていた。http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20091218/p2が、全曲は…