今週の通勤BGM

「今週の通勤BGM」以前は記録の意味があったが、現在はオペラの練習で、決まった曲を指揮者を替えてルーチンしているだけなので、意味が無くなってしまったので、もう廃止します。

モーツァルト 歌劇「魔笛」

クレンペラー指揮 フィルハーモニー管弦楽団(1964)

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」 フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1954)

ヴェルディ 「オテロ」 トスカニーニ指揮 NBC交響楽団(1947) ヴェルディ 「アイーダ」 トスカニーニ指揮 NBC交響楽団(1949) バスやバリトンが歌うところをつまみ食いで一緒に歌う。

R・シュトラウス 「ばらの騎士」 ドホナーニ指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団(1978)

ヴェルディ 「ファルスタッフ」

トスカニーニ指揮 NBC交響楽団(1950) 久々に歌ったが、「ファルスタッフ」は楽しいな。バリトンなので一番高いところは無理だけど、けっこう気持ちよく歌える。

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968)(承前) ビゼー「カルメン」プレートル指揮 パリ国立歌劇場管弦楽団(1964) ヴェルディ「椿姫」ギオーネ指揮 リスボン・サン・カルロ劇場管弦楽団(1958)

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968)

バッハ「マタイ受難曲」メンゲルベルク指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ(1939) ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付」 フルトヴェングラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団(1954) マタイのイエス役、合唱のバリトンソロも歌うのは久しぶりだなあ。

モーツァルト 歌劇「魔笛」 クレンペラー指揮 フィルハーモニー管弦楽団(1964)

モーツァルト 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 フリッチャイ指揮 ベルリン放送交響楽団(1958)

モーツァルト「フィガロの結婚」

エーリッヒ・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1955)

モーツァルト「フィガロの結婚」

エーリッヒ・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1955)

モーツァルト「魔笛」 フリッチャイ指揮 RIAS交響楽団(1955)

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」 クリップス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1955)

モーツァルト「フィガロの結婚」

ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団(1959)

モーツァルト 歌劇「魔笛」 クレンペラー指揮 フィルハーモニー管弦楽団(1964)

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」(抜粋) フルトヴェングラー指揮,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1954)

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968) まだ本調子ではないが(今年の風邪はしつこい)そろそろオペラ練習再開。

ワーグナー「ニーベルングの指環」より「ワルキューレ」第2幕、第3幕 カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1966) 今週もオペラ練習はお休み。

ワーグナー 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 舞台神聖祭典劇「パルジファル」〜花の乙女たちのたわむれと輪舞 楽劇「ジークフリート」〜森のささやき 舞台神聖祭典劇「パルジファル」〜幼な子のあなたがおかあ様の胸に抱かれていたのを見た クナッパーツブ…

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」(抜粋) フルトヴェングラー指揮,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1954) もう、すっかり通勤時はオペラ練習になってしまったので「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「魔笛」を、指揮者を替えて聴くように…

モーツァルト 歌劇「魔笛」 クレンペラー指揮 フィルハーモニー管弦楽団(1964)

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968) モーツァルト「魔笛」 フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1951)

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968)

モーツァルト「フィガロの結婚」

ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団(1959)より抜粋 承前

モーツァルト「フィガロの結婚」

エーリッヒ・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1955)より抜粋 ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団(1959)より抜粋

モーツァルト「フィガロの結婚」 エーリッヒ・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1955)より抜粋

モーツァルト 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 フリッチャイ指揮 ベルリン放送交響楽団(1958)より抜粋 モーツァルト「魔笛」フリッチャイ指揮 RIAS交響楽団(1955)より抜粋

モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」 ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団(1985)より抜粋

モーツァルト 歌劇「魔笛」

トーマス・ビーチャム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1937) オペラ練習で久々に抜粋して聴いてみる。 戦前の名歌手が聴けるのがうれしい。 フルトヴェングラーの「ドン・ジョヴァンニ」で年齢を感じさせない若々しいツェルリーナを歌ったエルナ…

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」(抜粋) クリップス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1955) 前にも書いたが、フルトヴェングラー盤と歌手の共通があり、ステレオでシエピ、デルモータ等を楽しむならこちら、ということになる。

モーツァルト「魔笛」フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1951) より、抜粋。 いつもならクレンペラー盤だが、気分を変えて。 ヴェルディ「椿姫」ギオーネ指揮 リスボン・サン・カルロ劇場管弦楽団(1958) より「プロヴァンスの…

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968) また、オペラ練習

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」(抜粋) フルトヴェングラー指揮,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1954) 久々にオペラの練習。 バスはなかなか歌いたい役がないのだが、このオペラの ドン・ジョヴァンニ、レポレロ、騎士長 どれも、一度は歌って…

Gundula Janowitz: Golden Voice

Gundula Janowitz グンドゥラ・ヤノヴィッツ CD4 は、 ウェーバー「歌劇:魔弾の射手」から2曲 例のクライバー指揮のものではない ウェーバー「歌劇:オべロン」から2曲 ワーグナー「歌劇:タンホイザー」から2曲 ワーグナー「歌劇:ローエングリン」から…

Gundula Janowitz: Golden Voice CD3

Gundula Janowitz グンドゥラ・ヤノヴィッツ CD3 は、 ベートーヴェン 「劇音楽:エグモント」より2曲 ベートーヴェン 「ミサ曲 ハ長調」から抜粋 ブラームス 「ドイツ・レクイエム」から1曲 「エグモント」は昔から、ベートーヴェンの交響曲を収録したL…

Gundula Janowitz: Golden Voice CD1(承前)CD2

Gundula Janowitz グンドゥラ・ヤノヴィッツ 先週書いたように、CD1の残りは、「イドメネオ」「コジ・ファン・トゥッテ」から1曲づつ CD2 は、バロック音楽が集められているようで テレマンの劇的カンタータ「イノ」(全曲?) ヘンデルの「メサイア」から…

Gundula Janowitz: Golden Voice CD1

Gundula Janowitz グンドゥラ・ヤノヴィッツ 前日いつ聴けるのだ!と書いたヤノヴィッツであるが(こちら)いずれ、ちゃんと聴くにしろ、とにかく車でざっと聴くことにした。 CD1 は、オール・モーツァルトだが、コンサート用アリアが大半を締める。 モーツ…

R・シュトラウス 「ばらの騎士」 ドホナーニ指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団(1978)(抜粋) 初めて合わせてみたが、(わかってはいたが)男爵は難しい。 ちゃんと楽譜を見ながらでなくては。

バッハ「マタイ受難曲」メンゲルベルク指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ(1939) モーツァルト「フィガロの結婚」ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968) ともに抜粋

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968) モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」 フルトヴェングラー指揮,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1954)

モーツァルト「フィガロの結婚」ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968)

モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1968) 途中まで。 オペラ再々練習

ヴェルディ「椿姫」 ジュリーニ指揮 ミラノ・スカラ座管弦楽団(1955) カラス ディ・ステファノ バスティアニーニ 感想と書くとかいていたが、ギオーネ盤をもう一度聴いてみてから、と思った。 しかし、ジェルモンのアリア「プロヴァンスの海と陸」を一緒に…

ヴェルディ「椿姫」 ジュリーニ指揮 ミラノ・スカラ座管弦楽団(1955) カラス ディ・ステファノ バスティアニーニ 第1幕まで カラスの「椿姫」は、長らくギオーネ盤を愛聴している(こちら)が ジュリーニ盤もいつかは聴いてみたかったのでちょっと前に買…

The Silent Corner and the Empty Stage (1974) Over (1977) Peter Hammill すべて抜粋 今週は、21日〜23日まで出張だったので、通勤BGMも2日分。

Pawn Hearts (1971) Godbluff (1975) Still Life (1976) World Record (1976) Vital (1978) Van Der Graaf Generator すべて抜粋 歌の再練習も、来週、ピーター・ハミルのソロで一段落だな。

In the Court of the Crimson King (1969) In the Wake of Poseidon (1970) Lizard (1970) Islands (1971) Starless and Bible Black (1974) Red (1974) USA (1975) King Crimson すべて抜粋 やはり、歌って気分がいいのは「アイランズ」だな。 来週は、ヴァ…

Tarkus(1971) Trilogy (1972) Brain Salad Surgery (1973) Works, Vol. 1 (1977) Emerson, Lake & Palmer すべて抜粋 "Brain Salad Surgery"の"Still...You Turn Me On"は、ライブのギター1本のシンプルな方がいいな。スタジオ盤はアレンジ過剰だ。 歌の…