読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝比奈隆のブルックナー

朝比奈隆のブル7発掘

ブルックナー 交響曲第7番朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー管弦楽団(1975)最近書いているシューリヒトの発掘音源は、あるレーベルから発掘音源の一斉発売なのだが、なんと朝比奈隆さんと大フィルがヨーロッパ・ツアーを行った際、かの聖フローリアンで…

ブルックナー 交響曲第8番

最近また、ブルックナー三昧であることは以前書いた。 交響曲第8番の総括はこちらだが、一般には、 クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963) シューリヒト指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1963) この2種類があ…

ブルックナーの個人的な総括 交響曲第8番

ブルックナー 交響曲第8番の第1稿以外という条件でのブル8のベストは、まずはなんといってもクナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1963)となる。ただし条件付(こちらとこちらとこちら)どれだけの種類のブルックナーの音源…

ブルックナー 交響曲第7番の個人的な総括

ベスト1は決められず、ベスト1グループということでやはり マタチッチ指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(1967)(こちら) シューリヒト指揮 ハーグ・フィルハーモニー管弦楽団(1964)(こちら) あと朝比奈さんだが、僅差で 東京交響楽団(1980)…

ブルックナー 交響曲第5番の総括

ブルックナーの個人的なベストと今まで書いてきたが、ベストというにはあまりにも数を挙げ過ぎるので、個人的総括という事で。 今回なるべく聴きなおしをしたが、思い知らされたのが、シューリヒトとクナッパーツブッシュの素晴らしさである。 彼らを除くと…

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」の個人的なベスト

ある意味この曲は決定版というのがない。強いて言えばクナッパーツブッシュだが、やはり改訂版使用は割り引かざるを得ない。また第1稿は別曲ということでここからは外させていただく。 というわけて、以下はベター・グループ クナッパーツブッシュ指揮 ウィ…

ブルックナー交響曲第6番 朝比奈隆指揮 東京交響楽団(1984) ブルックナー交響曲第6番 ヴァント指揮 北ドイツ放送交響楽団(1988) 家にあるブル6を録音順にすべて聴くシリーズ!

ブルックナー 交響曲第0番

朝比奈隆 東京都交響楽団(1982) 朝比奈さんのブル0は、以前にも書いたが、大昔TVからのエアチェック(TV音源が入るラジカセで録音)を愛聴し(記憶があやしいので調べたら 1981年の大阪フィルハーモニー管弦楽団かもしれない)現在は限定全集収録の19…

ブルックナー 交響曲第5番

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー管弦楽団(2001) 朝比奈さんのブル5の音源数は、ブル7までとはいかないが、それでも10種類弱ある。やはりとてもではないが、全部は聴ききれないし、1973年盤、1980年盤で、かなり満足しているのだが、2001年の演奏は…

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」 ハース版

朝比奈隆指揮 NHK交響楽団(2000) 先日見た映像(こちら)のCDである。 映像で見た時はそれなりに感動した。やや速めのテンポの、枯淡の境地とも言うべき、完成度が高い美しい演奏である。 しかし、1980年の演奏を聴いた後のせいか、どうも心に響かな…

ブルックナー交響曲第4番 「ロマンティック」ハース版

朝比奈隆指揮 日本フィルハーモニー交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 先日の朝比奈さんの1980年の東京カテドラルのブルックナー交響曲選集であるが、ついつい「ロマンティック」が後回しになっているうちに忘れてしまっていた(笑)そんなにこ…

ブルックナー 交響曲第7番 ハース版

朝比奈隆 大阪フィルハーモニー交響楽団(2001) 朝比奈さんのブル7には、最晩年の速めのテンポの名演があるらしい、と以前書いたが、この盤である。 速めのテンポも自家薬篭中のものとなり、どこまでも自然だ。透徹性のある軽やかな朝比奈のブル7は意外だ…

ブルックナー 交響曲第8番 ハース版

朝比奈隆指揮 NHK交響楽団(1997) 映像を見て、CDでも確認したくなって購入。(こちら) 映像を見たときよりは、第1楽章のおとなしさが許容範囲。 しかし、やはり第1楽章はおとなしくない方が好みだ。 ブル7もそうだが、どうも晩年の朝比奈さんは、…

ブルックナー 交響曲第3番 改訂版

朝比奈隆 大阪フィルハーモニー交響楽団(1993) 朝比奈さんのブル3といえばエーザー版であり、それに対応するノバーク2版である、というイメージが強いが、よりによって(ノバーク3版でなく)改訂版の演奏があるとは知らなかった。 インタビュー等を聞く…

ブルックナー 交響曲第5番

朝比奈隆 大阪フィルハーモニー交響楽団(1973) 「この日から日本のブルックナーの歴史が始まった」とさえ言われる伝説の演奏がCD化されていたとは恥ずかしながら知らなかった(汗) この演奏は完璧な演奏ではないかもしれない。しかし、それをものともし…

ブルックナー 交響曲第7番 ハース版

朝比奈隆:東京交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 がんばって、手元にあるブル7をほとんど聴いてみた。 インバル、ティントナー、レーグナー等、それぞれ普通なら申し分ない名演だが、やはりシューリヒト、朝比奈、マタチッチは1次元違う演奏…

ブルックナー 交響曲第7番 ハース版

朝比奈隆 大阪フィルハーモニー交響楽団(1983)東京カテドラル聖マリア大聖堂 さて、朝比奈さんにしては速いテンポのブル7(特に第1楽章)だが、本人もオケも、(そして聞き手も)その速さに慣れていない感あり。速さが推進力につながっていないのか? 最…

ブルックナー 交響曲第7番 ハース版

朝比奈隆:東京交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 朝比奈隆のブル7はアナログ時代から聖フローリアン盤ばかり聴いていたようで、あらてめてこれを聴くと新鮮だ。ニュアンス付けが抜群だし、大胆なバランスもある。 現在手元にある朝比奈隆のブ…

ブルックナー 交響曲第8番 ハース版

朝比奈隆:大阪フィルハーモニー交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 というわけで、懐かしい朝比奈ブル8東京カテドラル1980年盤を聴く。 このブル8という曲は、第1楽章で、こちらの心を鷲づかみにされたい、という個人的な願望がある。 ちなみ…

ブルックナー 序曲ト短調

朝比奈隆指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 郊外店のタワレコにいったら、朝比奈さんのブルックナー交響曲選集 東京カテドラル(1980年盤)が出ていた。アナログ当時は4,5,7,8,9番だったが、5番と9番が無…

ブルックナー 交響曲第9番

朝比奈隆指揮 NHK交響楽団(2000) DVDもCDもある、衛星に入った映像である。 朝比奈さんのブル9は、1980年と1995年を持っているが、正直感動した覚えがない。1980年はテンポの遅さが腑抜けて聴こえるし、1995年は弱々しすぎる。 この2000年の演奏…

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」 ハース版

朝比奈隆指揮 NHK交響楽団(2000) 衛星に入った映像である。 こちらもどこを切ってもブルックナー、もともと底の浅さがあるこの曲が、まったくと言っていいほどその底の浅さを感じさせない。 キャッチャーであるが音楽が成り立ちにくいと前に書いた第1…

ブルックナー 交響曲第8番 ハース版

朝比奈隆:大阪フィルハーモニー交響楽団(1983) で、久々にいわゆるカテドラル盤を聴く。 確かに演奏のアラはこちらのほうが目立つが、それをものともしない「ドキドキ感」「わくわく感」がこの演奏にはある。 N響盤は演奏の完成度は高く、どこまでも落ち…

ブルックナー 交響曲第8番 ハース版

朝比奈隆指揮 NHK交響楽団(1997) 衛星に入った映像である。 どこを切ってもブルックナー、オケがはけても拍手が鳴り止まないのもうなづける、まれに見る名演だ。確実に1994年の上に来る。(こちら) 個人的にはテンポが遅すぎるか?と思う部分があるの…

ブルックナー交響曲第5番

朝比奈隆指揮 シカゴ交響楽団(1996) 衛星に入った映像。オフィシャルのDVDがドキュメンタリーを含むらしいから、その演奏部分だけを放送したものと思われる。 しかし、ここまでシカゴ響とブルックナーの相性が悪いとは思わなかった。すべてがあっけらか…

ブルックナー 交響曲第8番 ハース版

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団(1983) 東京カテドラル聖マリア大聖堂 というわけで聴きなおした。僅差ではあるがアダージョはは94年盤、フィナーレは83年盤に軍配を上げる。全体としては楽章の出来にばらつきが無い83年盤をとるか・・・・音質…

ブルックナー 交響曲第8番 ハース版

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー管弦楽団(1994) 朝比奈さんのブルックナーはとにかく録音が多い。ので、CDでそろえようと言う時に失敗してもなんなので、アナログ時代に聴いていた80年代を中心に買っていた。以前評判のよかった9番の1995年盤を買…

ブルックナー 序曲ト短調

スクロヴァチェフスキ指揮 ザールブリュッケン放送交響楽団 この曲は、アナログ時代に朝比奈さんの東京カテドラル盤セットにおまけのように収録されていた時に聞いていて、CDでも是非朝比奈さんで聴きたかった。それよりも何よりもこの曲の録音自体、とん…

ブルックナー 交響曲第1番 ハース版リンツ稿

朝比奈隆指揮 日本フィルハーモニー交響楽団(1983) この曲の性格からして、若干重すぎのきらいがある。細部のオケの弱さも気になる。朝比奈さんらしいいい面もあるのだが、音楽の核が浮かび上がってきていない気がする。インバルの精緻で透徹した演奏に軍…

ブルックナー 交響曲第2番 ハース版

朝比奈隆指揮 東京都交響楽団(1986) 版の違いもあるが、インバルとは随分印象が違う。インバルは伸びやかではあるがどこまでも透徹しきっている。朝比奈は暖かみと愛らしさに満ちている。インバルもかなりの名演だが、朝比奈のほっとする味わいも捨てがた…

ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」

朝比奈隆指揮 大阪フィルハーモニー管弦楽団(1989)ハース版 メモリアルボックスを買った時、これは未聴だったかも知れない。4番はどうしても後回しになるから。で、質実剛健、素朴な朝比奈さんの指揮振りが、どうもこの曲では裏目に出ているような気がし…

ブルックナー交響曲第6番

朝比奈隆指揮 東京交響楽団(1984) ブルックナーファンを自称しているが、この6番はなかなか聴かない。最初に聴いたとき(インバルだった)第1楽章の第1主題がまるで安っぽいハイウッド映画のテーマ曲みたいに聴こえて、それ以来偏見を持ってしまったた…

ブルックナー 交響曲第9番 

朝比奈隆指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 残響の長さを考慮したとはいえ、ちょっとテンポが遅すぎる。悠然というより腑抜けて聴こえてしまう。

ブルックナー 交響曲第5番

朝比奈隆指揮 東京都交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 車でではあるが、久々に聴いてこれはすごいぞと思った。どこにも無理が無くどこまでも自然体である。最終楽章の若干のオケの乱れが実に惜しい。この曲は自分の中でベストを決めるのが非常…

ブルックナー 交響曲第5番 朝比奈隆指揮 東京都交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 ブルックナー 交響曲第9番 朝比奈隆指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団(1980)東京カテドラル聖マリア大聖堂 ブルックナー 交響曲第7番 インバル指揮 フラ…

ブルックナー 交響曲第7番

朝比奈隆指揮 大阪・フィルハーモニー管弦楽団(1975) 3大ブル7の最後をかざるのがいわゆる聖フローリアンのブル7である。アナログ時代から折に触れ聴いてきた、まさに私には愛聴盤である。確かに音楽以外の付随物が大変多い録音である事は確かであるが…