総括

結び

ma ma doo!! 脱退後は、(それまでもやっていたが)クラシックや邦楽、民族音楽を研究し、自己の音楽性を探り始めたので、洋楽も1983年あたりまでしか、聴いていないと思う。 ので、とりあえず、青春時代の総括はこれで終了。本年中に終わって一安心。 来年…

ダイアー・ストレイツ

他の曲もそうだが、やはりラジオで聴いてシングルを買ったバンドは多い。 Sultans of Swing(1978)の口パクPV

バックマン・ターナー・オーバードライブ

カナダのハード・ロックバンドはのらろば仲間のバンド「顔面崩壊」でコピーしたなあ。 Roll on down the highway(1974)

デイブ・メイソン

Dave Mason Certified Live(1976)が愛聴盤だったがようつべに無い。 All Along The Watchtower

イーグルス

呪われた夜(One Of These Nights)(1975)より ベースが印象的な One of These Nights そのベーシスト、ランディ・マイズナーによる傑作 Take It To The Limit

ジャニス・ジョプリン

ジャニス・ジョプリンは「チープ・スリル」をもっぱら聴いていた。 "Cheap Thrills Big Brother & the Holding Company"(1968)より Piece of My Heart

SCN&Y

当時、比率は圧倒的にブリティシュ系だったが、アメリカン系も少しは聴いていた。 SCN&Y 4 Way Street(1970)より Triad (crosby) Right Between The Eyes (nash) が見つからない(涙) Cowgirl In The Sand (young)

トレース

オランダのプログレバンド、トレースも前に紹介した。 "Birds"(1975)より

フォーカス

オランダのプログレバンド、フォーカスは前にも紹介した。

P.F.M.

本日はイタリアとオランダ。 イタリアンプログレのP.F.M.も前に紹介した。 世界発売がELPのマンティコアだったから、ELPっぽいと思われていた節もあるが、イタリア盤の初期を聴くと、実はクリムゾンに近いことがわかる。 1st Storia Di Un Minuto(1972)よ…

アシュラ(アシュ・ラ・テンペル)

これも何度か書いている(こちらとこちら) Blackouts (1977)より 77 Slightly Delayed

タンジェリン・ドリーム

ブームだったなあ。 Rubycon(1975)

クラフトワーク

本日はジャーマン・プログレ 未だに初期作品が、メンバーの許可がおりないんで、CD化されないなあ。面白かったのに。 Trans-Europe Express (1977) より Showroom Dummies

スティーブ・ヒレッジ

今でこそ、カンタベリー系はよく聴くが、当時は彼の"Fish Rising"(1975)ぐらいだったなあ。 これも重複になるが1977年のライブ映像"Salmon song"

ルネッサンス

散々書いたし、今ではほとんど聴いているルネッサンスも(こんなんばっかり)当時は「プロローグ」しか知らなかった。

カーヴド・エア

散々書いたし、今ではほとんど聴いているカーヴド・エアも当時はライブしか聴いていなかった。 何回か書いているが、ミュージシャンの実力がわかるから、という理由でまずライブ盤を買うことが多かったせいだ。 そのライブの音源が埋め込み不可のためurlを貼…

バリー・マニロウ

バイト先のジャズ喫茶に「Barry Manilow II」(1974)があり、下記の2曲は好きだった。 「哀しみのマンデイ」口パク映像 「アーリー・モーニング・ストレンジャーズ」はこの映像しか見つからなかった。 メドレーの後半4分過ぎ

ジョン・デンバー

「故郷へ帰りたい」(Take Me Home, Country Roads 1971)いいけれど、CMが印象的だった、 太陽を背にうけて(Sunshine on My Shoulders 1974) ドラマティックな「鷹と鷲」(The Eagle and the Hawk) そういえばライブ盤を持ってたなあ。この曲はわざわ…

ジャニス・イアン

ドラマ「岸辺のアルバム」(1977)はある意味エポックメイキングな作品だし、ジャニス・イアンを知るきっかけになったのも否定できない。 「のらろば ハッピーフォークコンサート」で当時の彼女とデュエットした曲でもある。 Will You Dance?(1977)

矢野顕子

以前にも書いたが、民族音楽学者小泉文夫氏の本を読んでいた関係もあって「長月 神無月」(1976)は愛聴盤だった。(こちら) 下記の音源が一緒かどうかは不明。

ウェザー・リポート

どんなジャンルをやっていようと、当時ジャコ・パストリアスのベースを聴いて、衝撃をうけなかったベーシストは皆無ではなかったか? 今ではほとんど持っているウェザーも当時はこれ1枚で満足していた。 Heavy Weather (1977) より Teen Town

ソフト・マシーン

今では(再発が無いバンドルズ等をぬかして)ほとんと聴いているが、当時は7th"Seven"(1973)ぐらいしか聴いていなかった(汗) バンドでコピーしようとして挫折した"Nettle Bed"(笑)

デヴィッド・ボウイ

この人は、ロバート・フリップがアルバムに参加した事が縁で聴き始めた。 "Heroes"(1977)より V-2 Schneider ブラスのリズムがずれて聴こえるのは、たまたまミキシング間違いが、逆にこれは面白い!ということでそのまま採用されたのだとか。 ベースが渋い…

10CC

10CC は、やっぱりアイム・ノット・イン・ラブ I'm Not In Love

801

ロキシー人脈の 801 Live(1976)(こちら) You Really Got Me が無いなあ ベースは元クワイエット・サン、マッチングモールのビル・マコーミック

タッチ

プログレ・ハードと来たらTouch(こちら) Touch "Don't You Know What Love Is?"

ミスター・ビッグ(UK)」

"Mr.Big"ときたらプログレハードの雄「ミスター・ビッグ(UK)」(こちら)ちょうどいい曲がようつべに無いなあ Vampire (1977)

フリー

本日もとっかかりはベースがらみ。 私のようにかちゃましい(方言)ベーシストは、逆にこういう重たいベースは憧れる(笑) Mr.Big

パリス

カルメンのベースはジェスロ・タルへ。ジェスロ・タルの前々任者が「パリス」のグレン・コーニック。 元フリートウッド・マックでソロでも大売れしたボブ・ウェルチのハードロックバンド「パリス」については以前書いた(こちら)

カルメン

カルメン・マキと来たらカルメン(笑) カルメンについても散々書いた。重複するが貼り付ける。

カルメン・マキ&OZ

昨日のベースがらみの続き。 カルメン・マキもよかったが、川上さんのベースも良かった。日本にもこういうベースを弾く人がいてくれたんだ、とうれしかった。 が、川上さんのベースのよさがわかる映像がなかなか無い。

ザ・フー

自らをベーシストではなくベースギタリストだというジョン・エントウィッスルを聴け(笑)Summertime Blues

グランド・ファンク・レイルロード

Grand Funk Railroad キーボードが入ってからの「アメリカン・バンド」もご機嫌だったが、やはりスリーピース時代のベースは衝撃的だった。 Live Album(1970)より Paranoid

「雨に微笑みを」ニール・セダカ(1974)

今回はベースがらみで。 ニール・セダカの復活作。曲もよいが間奏のベースがたまらん。

クィーン

クィーンは当時 2nd(1974)以外はキラークィーンとボヘミアンとバイシクルのシングルだけ持ってたなあ(笑) 2nd(1974)のB面はプログレ・ハードとして最強だ。 Ogre Battle The Fairy Feller's Master-Stroke Nevermore ロジャーのボーカルが絡むところ…

ジェスロ・タル

ジェスロ・タルについても散々書いているが、やはり"A Passion Play"(1973)だな。 冒頭部 クリスマス・シーズンということで(笑) Jethro Tull"Living In The Past"(1972)より Christmas Song

ブライアン・フェリー

はげしい雨が降る A Hard Rain's A-Gonna Fall とうとう出た!さんざん私が書いた(こちら)1977年NHKスタジオライブ! ジョンウェットンのベース!バック・コーラス!そしてメンバー紹介!(笑) 本当にバックが豪華だ。画像もけっこういいな。これ正式…

ロキシー・ミュージック

今までもいろいろ書いているが、ベースがらみで貼る。Country Life (1974) より "The Thrill of It All" ベースはクォーター・マス出身のジョン・ガスタフソン!! 同アルバムより "Out of the blue" 同アルバムより "All I Want Is You" ただし、近年発売さ…

ジャパン

ジャパンもリアルタイムである。最初はルックスを前面に出す売り方で、ロックファンは問題にしていなかったのだが、へそ曲がりな私は、逆にこれはなんか化けそうだ、と思っていたら、案の定大化けした。 ミック・カーンのベースは(勿論まねなどしきれないけ…

ピンク・フロイド

さて、あまりにもビッグになってしまったフロイドであるので、私なぞが、今更何をかいわんやであるが、「狂気」(1973)が傑作なのはあたりまえだが、それをはさむ「おせっかい」(1971)「炎」(1975)のほうが、実は本来のフロイドらしさの出ている傑作だ…

イエス

「こわれもの」(1971)「危機」(1972)は無敵であろう。「イエスソングス」以降は「ロンリー・ハート」や ABWH しか知らないが、いずれ徐々に揃えていきたい。パトリック・モラーツも興味あるし。 で、あえて、ベースが目立つこちら。 「こわれもの」(Fra…

キッス

キッスの日本デビュー・アルバム(Dressed to Kill 3rd 1975)は、高一のリアルタイムであった。シングルを買い、アルバムを買い、すぐに "Alive! 1975"が出、日本盤発売を待ちきれず 1st(Kiss 1974)2nd(Hotter Than Hell 1974)を輸入盤で買い、ファンク…

ピーター・ハミル

昨日の続きで、ピーター・ハミルのソロ In Camera(1974)より Again を貼りたかったがいいのが無い(涙)The Silent Corner And The Empty Stage(1974)より A Louse Is Not a Home 個人的にピーター盤「ジョンの魂」と呼んでいる Over(1977) より Time …

ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター(ヴァン・ダー・グラーフ)

最後の3大フェバリットプログレ、VDGG についても、散々書いてきているのでお手数でも検索してください。 ジェネシスのピーター・ガブリエル、そしてこの、VDGGのピーター・ハミル、両ピーターには、ヴォーカリストとして、コンポーザーとして、本当に影響…

ジェネシス

もう一つの3大フェバリットプログレ、ピーター・ガブリエル在籍時のジェネシスについては散々書いてきているし、先日画像も貼り付けた(こちら)ので、こちらをご覧になるか、お手数でも検索してください。 繰り返しになるが、この日記の左側にある写真は、…

UK

で、当然クリムゾンからの流れで、UKは聴く(笑) ライブ音源より Presto Vivace 〜 In The Dead Of Night

キング・クリムゾン

未だに私にとっての3大フェバリット・プログレ・バンドである。 有名なのは1stだけれども、その後のジャズや前衛音楽、フリー・フォームを取り入れていく流れがすさまじかった。 のであえてこの映像。ジョン・ウェットンはピック弾きになる前の映像。 私に…

エマーソン・レイク・アンド・パーマー

初めてプログレというものに触れたのが、EL&P であった。 前に書いたかもしれないが、高校の音楽の授業に教育実習生が来て、ストラヴィンスキーの「春の祭典」とEL&Pの「タルカス」のレコードをかけた。 要は変拍子の紹介であったわけだが、エマーソンのけた…

ハードロックの続き

本当はプログレへ行くのだが、ハードロックつながりをしばらく続ける。 レッド・ツェッペリン ツェッペリンでベースとして挙げるならこの曲(個人的にね) 3rd(1970)より Out on The Tiles ブラック・サバス ちょっとレアなところで、 Sabotage(1975)よ…

ディープ・パープルとレインボー

高校に入り、ベースを弾くようになると、最初はビートルズのコピーバンドを始めるも、メンバーの力量の無さに早々と挫折(笑) そして、演奏できる連中が取捨選択されて、ロック少年お決まりの、ディープ・パープル・コピーが始まる。 未だ未完成形のHighway…