舞台

「女海賊ビアンカ」の舞台化

美内すずえの「ガラスの仮面」に登場する劇中劇は、単独の作品であってもおかしくないくらい面白い、というのはファンであれば一度は思ったことがあると思う。そんな中、北島マヤが学生時代に一人芝居として演じた「女海賊ビアンカ」を美内すずえの監修で舞…

モンティ・パイソンのスパマロット

日本で上演されるのだが(ユースケ・サンタマリアとかが出演)エリック・アイドルが脚本&音楽のミュージカルで、映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」(アーサー王のパロディー)が原作とか、ちょっと気になるな。

灰被姫

先日テレビで再放送されたのを録画していた「第35回俳優祭」を見た。 歌舞伎と新派の合同で開催される、文字通りお祭りで、歌舞伎と新派の役柄を入れ替えたりとか、毎回ファンには垂涎の企画満載である。 私が覚えている俳優祭は、1986年、市川右太衛門の旗…

ピーター・パン(1997)(2000放映)

キャシー・リグビー 何度も書くが驚異のフライング、ミュージカル版ピーター・パンである。東京在住時に衛星から録っておいたが、やっと娘も理解できる年になったらしく、夢中になって見ている。消さないでいてよかった。全員の歌、ダンスが完璧で圧倒される…

今週一泊出張のためビデオにとっておいた「プロジェクトX」のベルばら宝塚版の舞台裏(?)を見る。私は2代目オスカルの安奈淳バージョンをテレビで見た覚えがある。長谷川一夫の演技指導の話は大変興味深かった。

大ファンである隆慶一郎氏の「吉原御免状」が舞台化されるようである。この人の作品の映像化は、心ののどこかでひそかに希望しているが、出来上がりを懸念して複雑な心境になる。いつか横山光輝さん以外で「捨て童子・松平忠輝」をマンガ化してほしいのだが。

「ピーター・パン」といえば、キャシー・リグビー(元メキシコオリンピック体操選手って、いくつだ?)という人の舞台版を、衛星が入っている頃、録画しておいた。2002年の舞台。それまでの宙乗りに対する先入観を、はるかに超えた「フライング」で一見の価…

ネットオークションで奥さんが「セーラームーン・ミュージカル」のビデオを発見し、娘のため(あ、あやしい)購入した。1996年と1998年、いずれも大山アンザ主演で、1998年は、大山アンザラスト公演らしい。現在1996年だけを見たが、大山ア…