写真では良く分からないが、娘が作った「モンブラン」だそうである。食パンの上に甘栗を砕いたものと生クリームを混ぜてのせて、さらに甘栗を一つトッピングしたもの。これが意外と「モンブラン」の味がするのだ。こういうマニュアルでもあるのかな。

ブルックナー 交響曲第7番

ティントナー指揮 ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団(1997)
以前ティントナーのブルックナーを揃えた時、7番がもれていたので、この機会に購入。相変わらず伸びやかで美しい。躍動感に欠ける時もある彼にしては躍動感がある。ただし、第1楽章で若干テンポが動く。7番は多少の欠点はあるものの、全体的な感動から結局朝比奈隆の聖フローリアンを取るのだが、このテンポの変化がなければ、ティントナーを取っても良かったのに、実に惜しい。