タイガー&ドラゴンを見ていると、なぜか「淋しいのはお前だけじゃない」を思いだす。市川森一脚本の1981年のドラマ。当時売り出し中の(大衆演劇というのがメジャーになり始めた頃)梅沢富美男に西田敏行、木の実ナナ萬田久子等々、詳しい話は検索してもらうとして、日本のドラマがあまり好きでない(え?)私にしては、かなりお気にいりのドラマであった。(最終回はちょっと予定調和というか、無理があったが)また見たいな。