Bitches Brew(1969)

Miles Davis
"In a Silent Way"より激しいが、基本的なスタンスはいっしょである(あえて、アンビエントと言いたい)これが、もっとファンクになれば「アガルタ」になるし、ロックになれば、なんとクリムゾンの「アースバウンド」あたりになる。構成を緻密にして、コントラストをつければ初期ウェザーや、ソフトマシーンの4,5あたりになりそうだ。つくづく、エレクトリック・マイルスの後年への影響の大きさを感じる。プログレやジャズロック系が好きな人は"In a Silent Way"とセットで必聴だな(今まで自分が聴かなかったくせに、えらそう言うんじゃないって)
PS.「一般的音楽感覚の人は聴いているのが辛い」「Miles Davisのネームバリューがあるから、このアルバムが神々しく思えて傑作であるかのように錯覚されている」と書いている人がいたが、愕然とする。これは、間違いなく傑作である。(これを気持ちよく聴ける私は一般的音楽感覚じゃないのかい?うーん、そうかも(自爆))この人は例えばジョン・コルトレーンのフリージャズやオーネット・コールマンあたりを、どう評価するんだろう。そういった中では、よっぽど聴きやすい部類なんだがなあ。