義経もここから眺めたと言う(?)ほたる崎:八太郎山より。急激に寒くなり、もう息が白い。