以前自分の名字のルーツについて書いた時(こちら)母方は「工藤祐経」を祖とすると書いたが、今回来られた方の話によると、そちらとは全く別系統の工藤氏で、奥州藤原氏に仕えていたらしい。本家には古文書が残っているが今や誰も判読できないとか。うーん誰かに解読して欲しい。しかし、これで私も蝦夷の血が流れている可能性が高くなったぞ(笑)