ケルトと蝦夷

ケルトが他国に虐げられた様子は、どうしても我が蝦夷とオーバーラップする。
特に「ケルトの白馬」と高橋克彦蝦夷小説は、共に民族を、文化を守るために敢えて滅びの道を歩む悲愴な決意がテーマなので、そう感じてしまうのだろう。

広告を非表示にする