櫛引城跡

明日は父の七回忌ということで、弟が前乗りで来た(今回は単身)
時間に余裕があったので、軽い気持ちで「どっか行きたいとこある?」と聞くと
「櫛引城跡」と言う。
実は弟は城マニア、それも天守閣が出来る前の時代、山城の頃の城マニアである。
情報は下記のサイトのみ。
ttp://homepage2.nifty.com/nanbu_hachinohe/kojo_hachinohe/kushihiki.html
実はその近くの「櫛引八幡宮」で話を聞くと「櫛引城跡」というのは確定しておらず、いくつかの候補があるらしく、そこでは「火霊(ほむすび)神社」と言うのを紹介された。
一応そこへも行ったのだが、その帰りに車をゆっくり走らせて、左右を確認しながら行くと、さすがに城マニア、ここの地形があやしい、と車を止めてちょっと歩くとあったのである、上記サイトの下のほうにある「薬師堂入口」が。ただし、もう看板は地面に落ちていた・・・・まあ、よく見つけたものだ。その時の写真は、こちらのサイトに載せた。
http://blogs.yahoo.co.jp/hakuasin/21911543.html
この急な階段をどこまでも登ってゆくと、頂上付近が開けていて、いかにも本丸があった風情であった。彼に言わせるとまさに山城として作られた跡がわかるという。彼のサイトがアップされたら、そちらのURLも貼り付けるつもり。
ちなみに「くしびき」ではなく「くしひき」だぞ、弟よ(笑)