音信不通のいきさつ

1月6日〜8日まで、久々に家族で東京を訪問した。
そもそも今回の東京訪問のきっかけは、昨年のGWの「トリック・アート展」にあった。
http://d.hatena.ne.jp/hakuasin/20100504
http://d.hatena.ne.jp/hakuasin/20100505
平気なふりをしていても、娘はかなり心残りだったようで、いつか娘をどこかのトリック・アート美術館へつれていってやりたいなあ、と思っていた。
また、娘は東京在住の赤ん坊のころ、飛行機に乗った事はあるのだが、物心ついてからはまだない。これも最近「飛行機に乗りたい、乗りたい」と言っていた。
そこで夫婦ははたと思い付いた!今回の長い正月休みで、新婚時代に偶然行った高尾山のトリックアート美術館へ連れて行こう!それも飛行機で!
というわけで、今回は徹頭徹尾、娘中心の日程になった。
記憶が確かではないのだが、久々に行った高尾山のトリックアート美術館は、コンテンツが前回よりも格段に充実していて、親も充分楽しめた。
旅行の写真は、おいおい別ブログにアップの予定。
とりあえず写メの分
http://blogs.yahoo.co.jp/hakuasin/22664602.html
今回、つくづく感じたのが、田舎は車が必需品であるために、いかに「歩かない生活」になってしまっているか、と言う事。
都会では、乗り換え等いやでも運動になる。東京で暮らしていた頃は平気だったはずなのに、もう家族で足がガタガタである(笑)