バルバラ異界

バルバラ異界
萩尾望都
数年前に全巻を揃えていたが、どうしても読む気になれなかった。
機が熟したのだろうか、やっと読んだ。
これはSF史上に残る傑作ではないだろうか。
こちらも長年おモー様のファンであるから、大抵の事には驚かない。だいたいのパターンは知っているつもりなので、この作品も、ああ、こういった感じに展開するのかな、と読み始めた。
しかし、え?こっち方面へ展開する?え?その要素が裏にあったの?等々、いい意味で裏切られっぱなしだった。
よくもまあ、こんな複雑なプロットを見事に構築するものだ。
ある意味萩尾SFの集大成、この作品以降、モー様は目立った長編が無いことを考えると、もう長編SFでやれることはやりつくしたのかもしれない。

広告を非表示にする