剣吉城

剣吉城
剣吉城というのは、南部信直の懐刀、北信愛の居城だった。
http://zyousai.sakura.ne.jp/mysite1/nanbu/kenyosi.html
高橋克彦さん「天を衝く」は、九戸政実VS南部信直の図式のため、信愛はいわば敵役である。なので剣吉城にはあまり思い入れがなかたったのだが、先日読んだ高橋克彦さんの「東北・蝦夷の魂」(2013/3)
http://hakuasin.hatenablog.com/entries/2013/06/04

高橋克彦さんが、この剣吉城址を訪れて、八戸港まで見渡せる(直線距離で約18キロ)のに驚いた、というくだりがありびっくりした。
剣吉という所は、国道104号線がいったん国道4号線と合流する三叉路があり、今までは通るたびに「いかにも山の中だなあ」と思っていたが、この剣吉城は(当時のお城なのでやはり)川そば(馬淵川)にあり、その馬淵川が八戸まで続いているので、ここからの眺めはいわばヴァレー状の地域を河口まで見渡す事になるのだ、と改めて気付かされた。そうなるとがぜん興味が湧いてきてしまい、本日お休みなので早朝ドライブで行ってみる事にした。

 http://blogs.yahoo.co.jp/hakuasin/33069093.html

残念ながら、八戸港までは見渡すことができなかったが、晴れた日に再挑戦するつもり。