来秋の朝ドラの話

来秋の朝ドラの話
来秋の朝ドラの主人公が、ニッカウヰスキーの創業者の妻(スコットランド人)だそうだ。

来春の朝ドラの主人公が「赤毛のアン」の翻訳者、村岡花子で、作者のモンゴメリーがアイルランド系移民の子孫だから、なんかケルトづいているな。
俳優さんはオーディションで決めるそうだが、ケルトつながりで、父がアイルランド人のホラン・千秋あたりになったら面白いな。

広告を非表示にする