読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッス デビュー前のデモ

キッス デビュー前のデモ
何べんも書いているが、キッスの最初の日本盤は3rdで、次いでアライブ、その後1st、2ndの順だった(アライブが気に入った私は、日本盤発売の前に輸入盤で1st、2ndを買って悦に入っていたが)
これが順番通りだったらそうでもなかったんだろうが、アライブでの圧倒的な演奏の後、同じ曲を1stで聴くと、どうしても物足りなさが先に立った。
初めてのスタジオ録音だから、とにかくきちんとやらなければ、というのがあったろうが、テンポも弱冠遅めの腑抜けた演奏に聴こえてしまっていた。
先日も書いたが、キッス・ボックスを中古で手に入れたが、そこにはデモを始めとするレアな音源が収録されている。

1st発売前のデモも何曲かあるが、それがスタジオ盤と比べ物にならないぐらい乗りに乗っていて、当時のライブの状況を髣髴とさせる。
この「ストラッター」のデモは、曲をまとめきる以前の状態だし、サイドキターの音量が大きすぎる、ジーンが拍の頭を途中で間違えたままじばらく演奏する、等の問題がありながらも、迫力はスタジオ盤を凌駕している。