読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョン・ディクスン・カー「テニスコートの謎」

ミステリー

ジョン・ディクスン・カー「テニスコートの謎」
犯人ではないのに、疑われることを恐れて工作するカップル、犯人ではないのに被告席に座りたがる男、さまざまな思惑が交錯して、事件は混迷の度を増してゆく。これは新機軸的魅力があるな。
驚天動地の真相っていうのもディクスン・カーカーター・ディクスン)の作品にはつきものだが、その中でもこれはトップクラスに入るのではないか。
ディクスン・カーカーター・ディクスン)の作品の感想は、だんだん難しくなってくる。文句なく面白いのだが、ネタバレをしてはいけないし、面白いとしか書けない・・・なのでどれも似たような感想になってしまう(汗)