読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョン・ディクスン・カー「三つの棺」

ミステリー

ジョン・ディクスン・カー「三つの棺」
この作品は「赤後家の殺人」と同年の作品だが、前回挑戦しようとした時に、入手困難だった。思い出して調べたらユーズドが見つかったので執筆順に読む、というルール(いつ決まった?(笑))に反するが、今読むことになった。
これも密室ものだが、以前書いた肩透かし感が無いほどに、それ以外のものでびっしりと固められている。何より話が面白いカー作品の中でも、トップを争うストーリーの面白さが圧巻である。
また、この作品には、有名な「密室講義」が含まれているが、その直前に探偵のフェル博士がこんな事を言う。
「われわれは推理小説の中にいる人物であり、そうではないふりをして読者たちをバカにするわけにはいかないからだ」
登場人物が、自分たちが小説の中にいると語っているのだ!これはメタフィクションの一種ではないか!!