ブル7のはしご

ブル7のはしご
先日、シューリヒトのブルックナー交響曲第7番(1964 ザルツブルク音楽祭)を聴いたせいで、ブル7のはしごが始まってしまった(が、今回も最小限に留める)
この時、1938年盤とこの1964年盤、そしてオフィシャル盤を同率と書いたが、オフィシャル盤を聴いたら、やはりオフィシャル盤がワンランク上であった。
なので、以前ブル7の個人的総括を書いたのだが
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20100601/p1
1938年盤とこの1964年盤を同一順位にする以外、変更が無かった(汗)

広告を非表示にする