読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベームの「指環」つまみ喰い

クラシック

本当ならそろそろベームの「指環」のバイロイト盤に取り掛からねばならないのだが、どうも決心がつかないので、例の「神々の黄昏」の「夜明け~ラインへの旅」をつまみ喰いする。
トリスタンとイゾルデ」で指摘した、この時代のベームのあざとさもあって、予想以上に音楽の流れが悪い。おまけにブリュンヒルデはただ声が出てるだけのニルソンである。
クナッパーツブッシュをはじめ、クラウスやフルトヴェングラー、そのほかもけっこう指環は聴いてきているが、音楽の流れの悪さはショルティ盤並みで、妙なアゴーギグがある、と書いたカイルベルトでさえこの2つに比べればだいぶましである。
ステレオの「指環」の代表盤と言われるこの2つがこれほど音楽の流れが悪いというのはいったいどういう事だろう。これを代表盤としてきた人々の耳は、いったいどうなっているのだろう。
これで、ベームの「指環」を聴く決心がまたつかなくなってしまった。