読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショルティの「パルジファル」

クラシック

ワーグナーパルジファル
ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1971 1972)
ルネ・コロ:パルジファル
クリスタ・ルートヴィヒ:クンドリー
ハンス・ホッター:ティトゥレル
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ:アンフォルタス
ゴットロープ・フリック:グルネマンツ
ロバート・ティアー:第1の聖杯騎士
ハインツ・ツェドニク:第3の小姓
ルチア・ポップキリ・テ・カナワ:花の乙女たち

ショルティワーグナー・BOXである。これもスルーするつもりだったが、これだけ残すのもなんだし、せっかくルチア・ポップが出ているので聴いてみる。
これは「マイスタージンガー」以上にウィーンフィルの美しさにおんぶにだっこの演奏で、ウィーンフィルの美しさがなければ、いつも通りのショルティの歌心の無い、音楽の流れの悪い演奏である、とまで言うのは言い過ぎか・・・
そして、この「パルジファル」というオペラは、ワーグナーバイロイト以外での上演を禁じた作品である。ということはあのオケの音がこもるバイロイトでの上演を想定して作曲されているわけで、この録音のように各楽器の前にマイクがあって音を拾って構築した演奏が、ワーグナーの想定した音楽になっているのか、というとはなはだ疑問ではある。
歌手陣は間然するところがない(あいかわらずフィッシャー=ディースカウは悪達者の悪い点が目立つのだが)とくに全盛期であろうルートヴィヒは、本来のメゾとしてのクンドリーのベストの歌唱ではないだろうか。
なんか、クナッパーツブッシュの「パルジファル」を年代順に聞き直したくなってくるな。
そう言えばクナッパーツブッシュの「パルジファル」のBOXが出ていた!もっと早く出して欲しかった。