読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実写版「魔女の宅急便」(2014)

実写版「魔女の宅急便」(2014)
宮崎駿版「魔女の宅急便」を見て、原作の角野栄子さんの「魔女の宅急便」の全巻を読んだ身としては、その角野栄子さんの「魔女の宅急便」の実写化というのは興味があったが、今回やっとレンタルで見ることができた。
ネットでも言われているように「CGが~」とか「歌手の素人芝居が~」とか「その歌手の歌のぶっ込みが~」とか、突っ込みどころはいろいろあるのだが、そこを百歩、いや千歩譲って(笑)俳優陣のがんばりもあって、なかなかにいい映画に仕上がっていると思う。
トンボ役の子が、どこかで見たことがある、と思ったら、普段は見ない「スカッとジャパン」がたまたま目に入った時に、伊藤淳史の背を高くしたような、若くてうまい役者さんがいるなあ、と覚えていた広田亮平くんであった。そういう発見のためにも、今の時期に見れて逆に良かったかもしれない。