読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケンペの ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

ワーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー
ルドルフ・ケンペ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1956)
フェルディナント・フランツ:ザックス
ゴットロープ・フリック:ポークナー
ベンノ・クシェ:ベックメッサー
グスタフ・ナイトリンガー:コートナー
ルドルフ・ショック:ヴァルター
ゲルハルト・ウンガー:ダーヴィット
エリーザベト・グリュンマー:エヴァ
マルガ・ヘフゲン:マクダレーネ
ヘルマン・プライ:夜警

ルドルフ・ショックのワーグナーBOXである。
ケンペは個人的には今まで当たり外れがあったが、これは大当たり、スタジオ録音なのにライブのような躍動感である。モノラルだが生々しい録音と程よいエコーでモノラルであることが全く気にならない。
もともとはフルトヴェングラーのための企画が、1954年にフルトヴェングラーが亡くなったためにケンペにお鉢が回ってきたとのこと。歌手陣の顔ぶれをみると、なるほどなと思う。しかし、すぐにフルトヴェングラーの跡を継いでベルリン・フィルの常任指揮者となったカラヤンに任せず、また、カラヤンがその後マイスタージンガーを録音したのは、ベルリン・フィルではなくシュターツカペレ・ドレスデンというのも、何やら裏があるらしい・・・そういえば、ベルリン・フィル最初のベートーヴェンの第9はフリッチャイだったし・・・
歌手陣は間然することろがないが、以前クナの時に書いたようにフランツのザックスは個人的には重たすぎる。