読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラヤンのワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

クラシック

ワーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー
カラヤン指揮 シュターツカペレ・ドレスデン(1970)
ハンス・ザックス:テオ・アダム
フェイト・ポーグナー:カール・リッダーブッシュ
クンツ・フォーゲルゲザンク:エーベルハルト・ビュヒナー
コンラート・ナハティガル:ホルスト・ルウノウ
シクストゥス・ベックメッサー・・・ジェレイント・エヴァンス
フリッツ・コートナー:ゾルタン・ケレメン
バルタザール・ツォルン:ハンス=ヨアヒム・ロッチュ
ウルリヒ・アイスリンガー:ペーター・ビンズツゥス
アウグスティン・モーザー:ホルスト・ヒースターマン
ヘルマン・オルテル:ヘルマン・クリスティアン・ポルスター
ハンス・シュヴァルツ:ハインツ・レーエ
ハンス・フォルツ:ジークフリート・フォーゲル
ヴァルター・フォン・シュトルツリング:ルネ・コロ
ダーフィト:ペーター・シュライアー
エーファ:ヘレン・ドナート
マグダレーナ:ルート・ヘッセ
夜警:クルト・モル
EMI ワーグナー オペラ・ボックスである。
速めのテンポで大変聴きやすく、さくさく聴ける(が、それがいいかどうかは別問題)
シュターツカペレ・ドレスデンの美しさは圧倒的だが、カラヤンの手にかかるとまるでマントヴァーニ。結果的にBGMとして聞き流せる音楽に仕上がっている。これは悪口ではない。マイスタージンガーという長大なオペラに親しむには最良の演奏かもしれない。
歌手陣はやはり個人的にはアダムの声質が固すぎでザックスっぽくない。
他は間然するところがないが、今まで端役でしか聴いたことのなかったルート・ヘッセが拾い物、この人も録音が少ない。
1980~90年代最強のバス(と個人的には思っている)クルト・モルの若き日(32才)の歌声も興味深い。