読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホルライザーの「ばらの騎士」(ハイライト)

クラシック

R・シュトラウス 「ばらの騎士」(ハイライト)
ホルライザー指揮 ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団(1964)
ヒルデガルト・ヒレブレヒト:元帥夫人
ヘルタ・テッパー:オクタヴイアン
エリカ・ケート:ゾフィー
ヴァルター・ベリー:男爵
チェーザレ・クルツィ:ヴァルツァッキ
クリスタ・ルートヴィヒ:アンニーナ
以前ブル4を絶賛したホルライザーの
http://hakuasin.hatenablog.com/entries/2016/11/17
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2016/11/17/045011
ばらの騎士」があった!しかしヴァルヴィーゾ同様ハイライト盤・・・・で、ヴァルヴィーゾの全曲盤の前にこちらを先に聴く。
収録は
第2幕 銀のばら献呈のシーン
第1幕 イタリア人歌手のアリア
第1幕 元帥夫人のモノローグ
第2幕 終結部
第3幕 三重唱から終結部
先日のヴァルヴィーゾのハイライト盤より収録場面は多いが、より短く抜粋しているのでトータルは短いし、前奏曲がないのはちょっと物足りないか。
ホルライザーは、ブルックナーと同様に小細工のない直球勝負で、それはそれで清々しい。
歌手陣もけっこう豪華であるが、さすがにベリーの男爵がすばらしい。
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20090811/p1
いずれにせよ、録音の少ないホルライザーの貴重な記録である。
だだ1点文句がある。例の、ファニナルと元帥夫人の
「若い人たちとは、こういうものですかな」
「Ja,Ja」
が伴奏だけで歌が無いのだ!ここは、このオペラ最後の重要な締めなのだ。その証拠にヴァルヴィーゾ盤は、ここだけのためにファニナル役の歌手を用意したほどである。これはもったいない。(あれ?ヴァルヴィーゾ盤は男爵役も歌手役もいないので、その分ギャラが浮いたからか・・・・?)