読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホルライザー スワロフスキーのワーグナー管弦楽曲集

ワーグナー管弦楽曲
ホルライザー指揮
スワロフスキー指揮 ハンブルク交響楽団(1960)
ネット通販で、ホルライザーを探していたら

Tannhauser Overture Hollreiser Swarowsky

とあるだけの、画像も曲目情報も全くないものを見つけて、ホルライザー自体録音が少ないので、ダメもとで注文してみたが、届いてみたら、録音年も、どの曲をどの指揮者が指揮しているのかの情報も無い、というあきれたCDであった。
慌ててネットで調べたら、アナログ時代の情報があった。収録曲は以下のとおり(アナログ時代と曲順が違うが)

ニュルンベルクのマイスタージンガー 前奏曲
ローエングリン 第1幕への前奏曲 第3幕への前奏曲 婚礼の合唱
タンホイザー 序曲
トリスタンとイゾルデ 前奏曲

このうち、タンホイザー 序曲のみスワロフスキーが指揮している。

ニュルンベルクのマイスタージンガー 前奏曲は、けっこうテンポが速いが、のびやかな印象を与える、という不思議な演奏。他の2曲も、ホルライザーらしい、小細工のない名演。いつもながらトリスタンは「愛の死」も収録してほしかった。

スワロフスキーは「ニーベルングの指環」が大絶賛されているので、いつか買おうと思っているのだが、その露払い的にタンホイザー序曲が聴けるのはうれしい。若干音が悪いので、1960年より前の収録かもしれない。
指揮者の指導者としても有名だった、というスワロフスキーも小細工のないのに、味わい深い演奏をする人だ。昔からスター指揮者といわれる人たちが苦手なのは、この小細工がいやなのだ。だから、名前が通ってなくても、こういう指揮者の演奏を探してしまうのだな。