読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グンドゥラ・ヤノヴィッツ・イン・コンサート(映像)Gundula Janowitz In Concert

グンドゥラ・ヤノヴィッツ・イン・コンサート(1970)
グンドゥラ・ヤノヴィッツ(sp)
ベリスラフ・クロブカール(クロブチャール)指揮 グラーツフィルハーモニー管弦楽団

実は、以前からアマゾンのカートに入れては「後で買う」と「カート」を行き来していたDVDがこれである。その間に入手不可状態にならなくて本当に良かった。1970年のオーストリア、グラーツのシュテファニエンザールでのリサイタル映像。白黒かつモノラル録音である。曲目は以下の通り

ヘンデルジュリアス・シーザー」より序曲
ヘンデルジュリアス・シーザー」より「難破した船が嵐から」(クレオパトラ
モーツァルトドン・ジョヴァンニ」より「酷いですって~そんな事はおっしゃらないで下さい」(ドンナ・アンナ)
ウェーバー「魔弾の射手」より「アガーテの祈り(まどろみが近寄るように)」(アガーテ)
ヴェルディシチリアの晩鐘」より序曲
ヴェルディアッティラ」より「聖なる祖国への愛」(オダベッラ)
プッチーニ「トスカ」より 「歌に生き恋に生き」 (トスカ)
ワーグナータンホイザー」より「おごそかなこの広間よ」(エリーザベト)

素晴らしいのはわかっているので、特に感想は書かない(笑)
クロブカールについてはこちら
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2015/10/21/044851

 

映像もようつべに上がっているが、せっかくなので珍しい「トスカ」
あくまで個人的な意見だが、カラスは別格としても、これ以上の「トスカ」は、そうそう無いのではないか?