読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘレヴェッヘの バッハ ミサ曲 ロ短調

バッハ ミサ曲 ロ短調
ヘレヴェッヘ指揮 コレギウム・ヴォカーレ・ゲント(1996)
ヨハネッテ・ゾマー:ソプラノ
ヴェロニク・ジャンズ:ソプラノ
アンドレアス・ショル:カウンター・テナー
クリストフ・プレガルディエン:テノール
ペーター・コーイ:バス
ハンノ・ミュラー=ブラッハマン:バス
というわけで
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2014/12/24/045208

クレンペラー盤と同時に約2年前に買ったヘレヴェッヘのバッハ ミサ曲 ロ短調(1996年盤)を聴く。(他の2種は、1989年と2011年)
テンポは当然のことながら、クレンペラー盤より速い。例えば1曲目はクレンペラー盤は 13;41 ヘレヴェッヘ盤は 9:29 で、けっこう差がある。しかし、聴いた感じは、そんなに差があるように聴こえないのが不思議だ。どちらも聴いているときは適正なテンポに聴こえる。これは、クレンペラーがすごいのか、ヘレヴェッヘがすごいのか。いや、両者がすごいということにしておこう。まさに天上の音楽。