読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コープマンの バッハ マタイ受難曲

バッハ マタイ受難曲
コープマン指揮 アムステルダム・バロック管弦楽団(1992)
オランダ・バッハ協会合唱団
ギー・ド・メイ(T:福音史家)
ペーター・コーイ(B:イエス)
バルバラ・シュリック(S)
カイ・ヴェッセル(CT)
クリストフ・プレガルディエン(T)
クラウス・メルテンス(B)

コープマンのモーツァルト「レクイエム」が良かったので、バッハも聴きたくなって3大宗教曲を購入。
余計なことをしない非常に素直な演奏で、私がコープマンに期待した通りの演奏。ピリオド演奏の標準盤として推せる。個人的には新旧ヘレヴェッヘ盤がしっくりこなかったので、アーノンクール旧盤と共に愛聴盤になるであろう。