読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コープマンの バッハ ミサ曲ロ短調

バッハ ミサ曲ロ短調
コープマン指揮 アムステルダム・バロック管弦楽団(1994)
アムステルダムバロック合唱団
バルバラ・シュリック(S)
カイ・ヴェッセル(CT)
ギー・ド・メイ(T)
クラウス・メルテンス(B)
それまではオランダ・バッハ協会合唱団と共演してたコープマンが、みずから合唱団を結成しての最初の録音とのこと。確かに合唱がやたらと美しい。
あくまで個人的な話だが、例えばヘレヴェッヘを聴くときは、聴く前になぜか覚悟が要る。しかし、コープマンの場合、そんなものは不要で、すっと聴けて、すっと音楽が入ってくる。いわゆる無為の為といったところか。