ブルックナー ミサ曲全集

ブルックナーの宗教音楽は、有名な「テ・デウム」と、ミサ曲第3番ヘ短調を何種類かづつ持っているのだが、せっかくの宗教音楽サイクルなので全部聴きたくなった。
幸い、最近このブログでもおなじみのニコール・マット指揮のミサ曲第1番、そしてかのレーグナー指揮のミサ曲第2番、ミサ曲第3番と「テ・デウム」のセットがあったので購入した。チェリビダッケヘレヴェッヘ等と新たな聴き比べが楽しみ。

シューベルトのミサ曲全集

現在、宗教音楽サイクルなのだが、ネットでいろいろと調べていると「ブルックナーシューベルトのミサ曲をこよなく愛した」という記述を見つけた。ブルックナー・ファンとしては見逃せない(笑)
幸い「栄光のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団その名指揮者たち(12)」
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2017/02/21/045520
に、ラインスドルフ指揮のミサ曲第6番があるが、せっかくなので全曲聴いてみたい。
5CDの廉価のセットがあったが、ゲオルギ・ロベフ、ディートリヒ・クノーテ、マルクスクリードといった寡聞ながら知らない指揮者のみ。だが、どんな曲かを知るためには充分であろう。

アニメ「けものフレンズ」の話

とっくに本放送は終わっているのだが、実は凄い!というネット情報を見て当地でも放映されないかなあ、等と思っていた。(なので、もう見た方は読み流してください)
幸い当月より放映が始まり、先日第3話までをまとめて見たのだが・・・・
設定やキャラ等の謎がわからないのがいらいらするのは「進撃の巨人」の読み始めと似ているが、端々からうかがえるこの物語の裏に潜む闇の深さも「進撃の巨人」並だと思われる。これは凄い!
星野源が絶賛したという主題歌「ようこそジャパリパークへ」であるが、さまざまな要素が矢継ぎ早に展開するという、かのA・E・ヴァン・ヴォクトのSF、ジェット・コースター・ノベルを彷彿とさせる、ジェット・コースター・ソングとも言うべき曲である。これも凄い!

 

フォーレ ベルリオーズのレクイエムについて

先日、三大、五大レクイエムについてちらっと書いたが、そうなるとフォーレベルリオーズも聴いておかなくてはならない気がしてくる。
フォーレはクリュイタンス(1962)とミシェル・コルボの新旧盤(1972)(1992)を購入することにした。
ベルリオーズは、幸いリヴィング・ステレオBOXにミュンシュ指揮ボストン響(1959)があったが、ミュンシュはさらに1967年のバイエルン放送響との録音も素晴らしいとの事で、ついでに入手することにした。
さらに、新しめの名盤としてインバルのフランクフルト放送響盤(1988)も購入予定。

三戸郡南部町 高瀬南沢山 神社と出合坂 高瀬大久保平 天神通

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

 

 

下名久井の滝林大明神 舩玉大明神 八坂神社 白山神社 薬師堂 大明神社等々

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

 

三戸郡南部町 赤石待場 十二神社とけやき 赤石前野平 和光稲荷神社 沖田面南本村 諏訪神社 玉掛堂半の祠

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp