グレゴリオ聖歌「めでたし、この祝日」"Salve festa dies"

先日、久々に手元にあるグレゴリオ聖歌のCDを何枚か聴いて、何気なくグレゴリオ聖歌ウィキペディアを見てみたら、1990年代のグレゴリオ聖歌ブームについて以下のような文をみつけた。

こうしたグレゴリオ聖歌の大衆的な人気を象徴する事件となったのがサント・ドミンゴ・デ・シロス修道院のベネディクト会士によるアルバム「CANTO GREGORIANO」のスペインにおける大ヒットである。

このアルバムは聴いたことがなかったなあ、と調べたら廉価のユーズドがあったので購入した。(録音は、1973,1980~1982)
CD2枚組で、まあ、こんな感じだろうな、と聴き進めて、CD2の中ほどで聴き覚えのあるメロディが出てきた。それが「めでたし、この祝日」"Salve festa dies"で、以前書いた、聖モーリス及び聖モール修道院ベネディクト派修道士聖歌隊グレゴリオ聖歌

http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20040913/p2

の第1曲目がこれであり、アナログ時代に私が初めて接したグレゴリオ聖歌であり、あまりのインパクトにこのメロディにインスパイヤされた曲を作ってしまったほどだった(いい歌詞が付かなかったので未完ではあるが)
大体グレゴリを聖歌は把握されていないほど曲が多いので、CDを何枚か買ってもほとんどかぶることが無い。そんななかでこの曲はけっこう人気曲(とは言わないな)著名な曲のようだ。
聖モーリス及び聖モール修道院ベネディクト派修道士聖歌隊盤は、本来アカペラであるべきところを、控えめなオルガン伴奏がついているが、これが実にいい味を出しているので、お勧めとしては聖モーリス及び聖モール修道院ベネディクト派修道士聖歌隊盤ということになる。

youtu.be

とうとう「モヤモヤさまぁ~ず2」が見れなくなる。

以前にも書いたが、当地では青森と岩手のテレビが見れる。
「モヤモヤさまぁ~ず2」は、以前は両方で放送していたが、青森の放送が無くなってけっこうたつ。
そしてとうとう岩手の放送でもエンディングで「放送を終了」のテロップが・・・・
田中瞳アナがいい味出してたから非常に残念。

ヘンデル 追加購入

ちょっと前に「最近またヘンデルを聴いている。」と書いたが、オペラはBOXがあるけれど、オラトリオと宗教音楽をもっと聴きたくなって、いろいろと注文してしまった。
オラトリオ
聖書以外の題材が珍しいという「セメレ」
先日、ちょっと触れたベルシャザル

http://hakuasin.hatenablog.com/archive/2019/11/12

をテーマとした「ベルシャザル」
実質的なヘンデル最後の曲である「イェフタ」

宗教音楽
「ディキシット・ドミヌス」
「ジョージ2世の戴冠式アンセム
「デッティンゲン・テ・デウム」

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲ニ長調「幽霊」

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲ニ長調「幽霊」(1970)

ダニエル・バレンボイム(ピアノ)
ピンカス・ズッカーマン(ヴァイオリン)
ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)

本日早朝、テレビをつけてみたら、室内楽の演奏をやっていた。画面にはベートーヴェン ピアノ三重奏曲「幽霊」とあった。
「幽霊」!?ベートーヴェンの有名曲はほとんど把握したつもりだったが「幽霊」なんて曲があったのか!とびっくり。
思えばベートーヴェン弦楽四重奏曲は全曲所有しているが、ピアノ三重奏曲はレコパル・ライブコミック

http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20080329/p1

でカザルス(とケネディ)の話を見た時に「大公」を、コルトー、ティボー、カザルスの古い録音で買ったような記憶があるが、それ以外のピアノ三重奏曲はまったくノーマークだった。
慌てて通販サイトで調べているうちに「あれ?デュ・プレのBOXに入ってなかったっけ?」と思い出し

http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2013/06/06/044723

調べたらちゃんと入っていた・・・上記でも書いているが「買ったはいいいが、それで満足してしまって結局手を付けなかったりする。」という、そのまんまの現象であった(汗)

さて「幽霊」というから、どんなにおどろおどろしい曲かと思ったらそんなこともない。(由来は諸説あるようだ)人気曲だけあって、なかなかにキャッチャーである。

 

 

 

 

 

北大路欣也版「剣客商売」第6作

今回の物語「婚礼の夜」は大治郎の友人浅岡鉄之助の婿入りをめぐる話なのだが、個人的に気になっていたのは、その婿入り先の(大柄なために何度も縁談が壊れたという)千代乃を誰が演じるか、という事だった。
で、放送前の情報ではまったく女優名が挙がっておらず、一般的には無名の方なのかな。と思っていた。
放送されてみると川面千晶という方で、ウィキペディアも無い方なのだが、非常に好演だったのでこれからが楽しみである。
今回から大治郎、三冬ともに役者さんが交代した。
大治郎役の高橋光臣は、原作の茫洋とした雰囲気が前任の斎藤工より足りない感じがして、最初違和感があったが、普段のほんわかした感じと剣をとっている時の真剣な表情との落差が非常に効果的だったので、これはこれでありだと思う。っていうかボウケンレッドではないか!
三冬の瀧本美織は(杏には失礼だが)杏よりはよほどいいと思った。

 

ヘンデルの「アラ・ホーンパイプ」

最近またヘンデルを聴いている。
昔から「聴いたことがあるのに作曲者も曲名もわからない曲」の話はよく書いているのだが、また発見した。
ヘンデルの「水上の音楽」第2組曲 第2曲「アラ・ホーンパイプ」である。

youtu.be