読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンヴィチュニーの「さまよえるオランダ人」

クラシック

ワーグナーさまよえるオランダ人
コンヴィチュニー指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団(1960)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ:オランダ人
マリアンネ・シェヒ:ゼンタ
ゴットロープ・フリック:ダーラント
ルドルフ・ショック:エリック
ジークリンデ・ヴァーグナー:マリー
フリッツ・ヴンダーリヒ:舵取り
ルドルフ・ショックのワーグナーBOXである。元々この録音目当て買ったBOXなのに、こんなに間が空いてしまったのには諸事情があるのだが、そこは省略。
序曲からして、流麗さのかけらもない(と言っては言い過ぎだが)のっそりとした朴訥な演奏が、いかにもコンヴィチュニー節でファンとしてはうれしくなってしまう。
センタのバラードなぞ、以前、シューマンの時に書いた「音楽がもたなくなるぎりぎりの遅さ」である。
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2015/06/26/040229
歌手陣は豪華である。(ヴンダーリヒが舵取りって・・・)常々悪達者ぶりが嫌いだと言ってきているフィッシャー=ディースカウも、若さのせいか許容範囲ギリか・・・
あのクナの「さまよえるオランダ人」が、クナとしてはあまり「らしくない」演奏であること考慮すると(この原因については、最近知ったことがあるが、それは今回書かない)ステレオ録音でもあるし、これは古き良き時代(って言い方はあまりしたくないが)の名盤として(セカンドチョイスとしてか)推せる。

三戸郡五戸町切谷内大久木 薬師神社

地元

blogs.yahoo.co.jp

ステューダーの「メリー・ウィドウ」

クラシック

ガーディナー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1994)
ステューダー:ハンナ
スコウフス:ダニロ
トロスト:カミーユ
ボニー:ヴァランシェンヌ
ターフェル:ツェータ
フレドリクソン:カスカダ
ツェドニク:ニエグシュ
ステューダー目当てで買った「メリー・ウィドウ」である。1CDということで「??抜粋盤?」等と思ったが、手元にあるマタチッチ盤は2CDながらも、トータルは79分なので、テンポが速めなら1CDに収まる。ただし、実際の上演は、ダンスやら何やらで2時間強が普通。なので、最初マタチッチ盤を聴いた時は「え?あれが無い、これも無い」等と思ったが、オリジナルの音楽のみだと、このぐらいの短さなのだった。
ガーディナーという人は、私が若いころは古楽の指揮者という印象があったが、私のクラシック空白期間に、ロマン派以降のレパートリーを増やしたらしい。知らなかった・・・
さて、そのガーディナー古楽出身らしいすっきりした音作りながら温かみもあり、余計なこともしない理想的な指揮ぶり。歌手陣も間然するところがない。ネットではカラヤン盤を超えたとの声もあったが、うなずける話。
ただ、オケも歌も、非常に繊細に仕上げてあるので、フォルクスオーパーのような田舎芝居的泥臭さの良さがないのはさみしいが、それは贅沢な望みで、隴を得て蜀を望むのたぐいであろう。
ガーディナーがこんなにいいとは知らなかったので、何か他の演奏も聴きたくなるな。

近況

プログレ

クラシックの感想が2週間ぐらい空いていたのにはわけがあって、なぜか突然クラシックを受け付けなくなってしまった。
まあ、以前からよくある突然のモード変化なのだが、その間何を聴いていたかと言うと
テリー・ライリー、スティーヴ・ライヒタンジェリン・ドリームクラウス・シュルツ(シュルツェ)、アシュラ(マニュエル・ゲッチング(ゴッチング))等のミニマル系で、それをさんざん聴き倒してから、ようやくレズニクの「カルメン」を聴く気になった。
今後は、カンタベリー系を聴き直したくなってきている。

レジーナ・レズニクの「カルメン」

クラシック

ビゼーカルメン
トマス・シッパーズ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団(1963)
レジーナ・レズニク:カルメン
マリオ・デル=モナコ:ドン・ホセ
トム・クラウセ:エスカミーリョ
ジョーン・サザーランド:ミカエラ
一見すると、デル=モナコにサザーランドという豪華配役ではあるが、これは「カルメン」である。となると、やはりバランスが悪い。
レズニクはアリア集と同様、繊細な役作りと歌い方なので
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2016/11/09/045632
さらにバランスが悪い。
一人一人を聞く分には大変に良いのだが・・・・
ネット情報によると、この録音の企画自体に問題があったようで、さもありなん、と思われる。
シッパーズの音作りは、楽器バランスやテンポに違和感があるが、これは個人的な好みの範疇かしれない。
まあ、いろいろと気にしなければ、普通にいい録音なのだろう。しかし、上記で書いた「あだっぽくこぶしを強調させたレズニクのカルメンも聴いてみたかった気がする。

三戸郡階上町赤保内寺下 寺下観音 潮山神社と巨木群

地元

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp