読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲について(クナッパーツブッシュを中心に)

クラシック

今回、ちょっと細かい話になる。
先日、レーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲を絶賛したのだが、ちょっと気になることがあった。
この曲を初めて聴いたのは、クナッパーツブッシュミュンヘン・フィル盤であり、その後もこの演奏をはじめクナッパーツブッシュの演奏を聴くことが多かったのだが・・・

これまでの認識。
1.クナッパーツブッシュミュンヘン・フィル盤だと、3分ぐらいのろころで、それまで弦が繰り返していた「芸術の動機」がドランペットに引き継がれる。
2.それに対して弦が「レードシラーソ#ソ」と応答する。

この2.の部分が切ないフレーズで、個人的にはこの曲の中でのお気に入りの部分の一つなのだが、レーグナー盤では2.があまり前面に出てきていなかった。
気になったので、とにかく家にある「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲のその部分を聴けるだけ聴いてみてびっくりした。(トスカニーニ3種、フルトヴェングラー、ヴァルヴィーゾ、ショルティ、マタチッチ、ティト・・・・)

判明したこと。
1.は、実は金管木管、弦の混合であり、その指揮者のとるバランスによって弦や木管が強く聴こえる場合もある。
ちなみに、トランペットが前面に出てきているのはクナッパーツブッシュとレーグナーのみ。
2.応答としてちゃんと前面に出て聴こえるのはクナッパーツブッシュフルトヴェングラーのみで、他の指揮者は他のフレーズと同じヴォリュームで演奏されているために、特に前面に出てきていなく他のフレーズに溶け込んでいる。

つまりは、私が気に入っている部分は、クナッパーツブッシュ盤でのみ聴けるということになる。

この曲の楽譜を持っていないのでわからないけれど、たぶん楽譜通りに演奏すれば、多数決から言ってクナッパーツブッシュ以外の指揮者が正しいのだろう。しかし、そこをあえてああいう風に演奏させることを思いついたクナッパーツブッシュのセンスは、やはりただならぬものがある、と思い知らされた。

 

八戸市 豊崎町彦ヶ沢 気比神社再び 豊崎町池田 二社 豊崎町彦ケ沢 稲荷神社

地元

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

 

レーグナーの ワーグナー R・シュトラウス 管弦楽曲集

クラシック

ワーグナー R・シュトラウス 管弦楽曲
レーグナー指揮 ベルリン放送交響楽団(1972)
ふと、レーグナーってワーグナーのオペラを指揮していないのかな?と思って調べたのだが、残念ながらなかった。しかし、前奏曲は何曲か録音があった。
ワーグナー名演集」というCDを見つけたのだが「ジークフリート牧歌」が収録されており、以前に書いたが、すでに所有済みである(交響曲とのカップリング)
http://hakuasin.hatenablog.com/entries/2016/02/26
なんとかならないか、と思ってさらに調べると「ジークフリート牧歌」以外の前奏曲がすべて収録され、かつ、R・シュトラウスのオペラの管弦楽曲が収録されている輸入盤を発見(似た収録の邦盤もあったが、そちらが「サロメ」未収録。
曲目は以下のとおり
ワーグナー
ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
ラインの黄金前奏曲
トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲
R.シュトラウス
サロメ」より「サロメの踊り」
ばらの騎士」より第1,2,3幕へのワルツ
EMI ワーグナー オペラ・ボックスの中休みとして聴いてみる。ただし、感想はワーグナーのみ。
ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲にはびっくりした。
音符の音価いっぱいに弾かせるやり方で、これは下手をするとべたーっとしただらしない演奏になりがちだが、裏メロの細部にまで神経がいきわたっていながら、躍動感あり、潤いあり、高揚感ありのとんでもない演奏で、こんなにわくわくした「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲クナッパーツブッシュ以来ではなかろうか。これは文句のない名演。
ラインの黄金前奏曲であるが、演奏自体は素晴らしいのであるが、この延々とワンコードの続く前奏曲を独立して収録する意味があったのか疑問。延々としたワンコードは転調後のラインの乙女、ヴォークリンデの第一声につながってこそ価値がある気がする。これを収録するぐらいなら「ローエングリン」でも「タンホイザー」でも「パルジファル」でも、次の「トリスタンとイゾルデ」の「愛の死」でも、いくらでも選択肢があったのではないか。
トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲は、上記の「ジークフリート牧歌」のような静謐さを持つが、緊張感と癒し感の同居する、これも名演の部類。ただし、前奏曲で終わるとおさまりが悪いと思ったのか、誰が作ったわからないブリッジと「愛の死」の終結部が添えられている。こんなことをするくらいなら「愛の死」を収録すればよかったのに!
などと文句をいっているが、レーグナーの演奏が素晴らしいからこその文句である。少なくとも「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲だけでも聴く価値はあるので、この録音を収録したCDのどれかはお勧め。
つらつら思うに、レーグナーは、ベルリン国立歌劇場の常任指揮者をやっているのだからオペラは得意なはずなのに、なぜオペラの録音がなかったのだろう。いや、あるにはあるが、ヘンデルの「ソロモン」カールマンのオペレッタ「チャールダーシュの女王」ぐらいしかない。ワーグナーのオペラを彼の音作りでやったら、さぞかし素晴らしかったろうに・・・もったいない話だ。

脱法ロック

ポップス

娘がいまはまっているボカロであるが、歌詞、曲ともになかなかに面白い。
ストラト背負ってクラプトン弾いて、テレキャス持った学生をシバいて」って
なぜテレキャスディスる(笑)ギター音はあきらかにテレキャスなのに(爆)
おじさんの時代には
「ドラッグ、セックス、ロックンロール!」
という言葉があったぐらいだが、脱法ロックというのはそれを逆手に取った、実にセンスあるタイトルだと思う。