男子フィギュアでピンクフロイドが

男子フィギュアでピンクフロイドがかかってちょっとびっくり

クリュイタンスの ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」その2

ワーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー」(モノラル)
クリュイタンス指揮 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団(1957)
ハンス・ザックス/グスタフ・ナイトリンガー
ファイト・ポーグナー/ヨゼフ・グラインドル
クンツ・フォーゲルザンク/フリッツ・ウール
コンラート・ナハティガル/エグモント・コッホ
ジクストゥス・ベックメッサーカール・シュミットワルター
フリッツ・コートナー/トニ・ブランケンハイム
バルタザール・ツォルン/ハンス=ギュンター・ツィンマーマン
ウルリヒ・アイスリンガー/エーリヒ・ベンケ
アウグスティン・モーザー/ヘルマン・ヴィンクラー
ヘルマン・オルテル/ハンス・ハビーティネク
ハンス・シュヴァルツ/アレキサンダー・フェニヴス
ハンス・フォルツ/オイゲン・フックス
ヴァルター・フォン・シュトルツィング/ワルター・ガイスラー
ダーヴィット/ゲルハルト・シュトルツェ
エヴァ/エリーザベト・グリュンマー
マグダレーネ/ゲオルギーネ・ミランコヴィック
夜警/アルノルド・ヴァン・ミル
クリュイタンス・コレクションである。音質の問題であるが、1956年盤よりは若干良くなった。そのせいではないだろうが、1956年盤では第1幕がごちゃごちゃした印象だったが、こちらは音楽の流れも良く見通しも良くなった。第2幕以降も、クリュイタンスお得意のテンポ・コントロール、ヴォリューム・コントロールが堪能できる。
1956年盤のホッターのザックスも珍しかったが、アルベリヒの悪役イメージが強いナイトリンガーのザックスも珍しい。第2幕で張り切りすぎて、伴奏とずれてしまうのもご愛敬か。
ヴァルターのガイスラーというテノールを寡聞ながら知らなかったが、いかにもヘルデン・テノール的な癖が強く、その分声が不安定なのだが、声自体の魅力はなかなかのもの。調べたら主役級の録音は当録音ぐらいのようで、これも貴重(なんとヴァルナイとのヴェルディマクベスもあるようだが現在入手不可)
他の歌手もバイロイトらしい豪華な名歌手揃い。

三戸郡階上町 道仏大蛇の神社と道仏程熊の加倉稲荷神社

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp

 

「不滅のモーツァルト」"Unsterblicher Mozart"(1954)

「不滅のモーツァルト」"Unsterblicher Mozart"(1954)
ルドルフ・モラルト指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ヒルデ・ギューデン
エミー・ローゼ
ペーター・クライン
ヒルデ・ツァデク
パウル・シェフラー
ヴィルマ・リップ
ルドルフ・クリスト
ルートヴィッヒ・ウェーバー
エーリッヒ・クンツ
カルラ・マルティニス
モーツァルト・アンサンブル)

久々に行った業務系スーパーのワゴンで、元値の8分の1の値段で投げ売りされていた。
よくわからないが、モーツァルト生誕200年を記念して作られた映像作品で独語歌唱による「後宮からの逃走」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」のハイライト・シーンを収録したもの。
エーリッヒ・クンツの名前を見て、思わず買ってしまった。クンツのフィガロの映像があるとは!
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2016/12/23/043526
歳を取ってからの映像でも芸達者ぶりはわかっていたが、ダニー・ケイや「雨に唄えば」のドナルド・オコーナーを髣髴とさせるような映画俳優ばりの演技で、改めてその凄さを感じた。
解説で田辺秀樹(教授さんらしい)さんがエーリッヒ・クンツのファンとの事で、彼のフィガロとレポレロが見られるとはこの上ない喜び、と書いておられるが激しく同意!さらにクンツのパパゲーノが見たい!と嘆いておられるが、これも激しく同意パート2。「後宮からの逃走」じゃなくて「魔笛」にすればよかったのに・・・・と思ってから気づく。そうなると主役級のテノールの出番が無くなるのだ。なーるほど。
他の歌手も映像が見られてうれしい大年の名歌手揃い。(口パクなのはしょうがないけれど)ヒルデ・ギューデンがこんなに美人さんとは知らなかった。また、シェフラー:ドン・ジョヴァンニ、クンツ:レポレロ、ウェーバー:騎士長の組み合わせはかなり強力。

クリュイタンスの ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」その1

ニュルンベルクのマイスタージンガー」(モノラル)
クリュイタンス指揮 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団(1956)
ハンス・ザックス/ハンス・ホッター
ファイト・ポーグナー/ヨゼフ・グラインドル
クンツ・フォーゲルゲザンク/ヨーゼフ・トラクセル
コンラート・ナハティガル/エグモント・コッホ
ジクストゥス・ベックメッサーカール・シュミットワルター
フリッツ・コートナー/ ディートリヒ・フィシャー=ディースカウ
バルタザール・ツォルン/ハンス=ギュンター・ツィンマーマン
ウルリヒ・アイスリンガー/エーリヒ・ベンケ
アウグスティン・モーザー/ヨーゼフ・ヤンコ
ヘルマン・オルテル/ハンス・ハビーティネク
ハンス・シュバルツ/アレキサンダー・フェニヴス
フォルツ/オイゲン・フックスワーグナー
ヴァルター・フォン・シュトルツィング/ヴォルフガング・ヴィントガッセン
ターヴィット/ゲルハルト・シュトルツェ
エヴァ/グレ・ブロウェンスティーン
マグダレーネ/ゲオルギーネ・みランコヴィック
夜警/アルフォンス・ヘルヴィッヒ
バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団
クリュイタンス・コレクションである。クリュイタンスのバイロイト初登場という事で期待したが、音が悪い。発掘音源としては中レベルぐらいだが、クリュイタンスの良さを堪能できるまでの音質ではなく隔靴掻痒の感あり。
ハンス・ホッターのザックスは珍しい。貴重な記録であるが彼の声がザックスに合っているかとなるとちょっと微妙。
なんにせよ、1957年盤、1958年盤がもっといい音質であることを願う。

イッテンモノ!

最近深夜番組の「イッテンモノ!」が面白くて毎週見ている。
コンセプトは、サンドウィッチマン、千鳥、三四郎のMC プラス ゲストMC(お笑いコンビ)の中から、その週のゲストが二人を選び、ゲストにちなんだ話をネタに即興漫才をする、というもの。そのネタが毎回完成度が高いし、即興ならではのグダグダ感がある時も面白い。
昔、お正月番組で、お笑いコンピの相方をシャッフルしてネタを披露する企画があったが、最近やらなくなって寂しいな、と思っていたので、この手の番組があって嬉しい。