昨日は娘がベースを弾くバンドのライブ

 

 クリックすると娘も見える

 

関門=カモン

当地では遅れて放送される「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」であるが、この番組もBGMがけっこう駄洒落である。
ビートルズの「プリーズ・プリーズ・ミー」がかかって「なんだろう?なんだろう?」と思っていたが、サビの「カモン!(カモン!)」で判明、関門橋を渡るシーンであった。
カモン→カンモン→関門・・・・・脱力(笑)

広告を非表示にする

「立つカエル」発見

先日のテレビで「芸人が今までで一番面白かった瞬間は誰が見ても面白い説」というのをやっていて「立つカエル」を思い出した。
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20060927/p3
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20060928/p2

久々に探してみたらあった!しかし、画像が悪いせいなのか、思い出は美化されてしまうせいなのか、あの時ほど笑えなかった。

youtu.be

クリュイタンスのビゼー「真珠採り」

ビゼー「真珠採り」(モノラル)
クリュイタンス指揮 パリ・オペラ・コミーク座管弦楽団&合唱団(1954)
レイラ/マルタ・アンジェリーチ
ナディール/アンリ・ルゲイ
ズルガ/ミシェル・ダンス
ヌーラバット/ルイ・ノグェラ

クリュイタンス・コレクションである。
以前にも書いたが、当時のフランスのエキゾチシズムとはいえ、セイロン島を舞台としたこのオペラは是非とも聴いてみたかったが、クリュイタンス・コレクションのおかげで聴くことができた。初演時ベルリオーズが高く評価したという作品。
あらすじは、特に複雑ではないのでウィキペディアでもよくわかる。
音楽的にはやはり「カルメン」の雰囲気で特にインドやセイロンっぽいわけではないが、とにかく美しい。聴き覚えがある曲があると思ったら、アルフレッド・ハウゼのムード音楽「真珠採りのタンゴ」の元曲「耳に残るは君の歌声」が含まれていることをすっかり忘れていた。