大人の階段

娘がまた一歩大人の階段を上った模様。

 

「幼年期の終り」ドラマ版(2015)

幼年期の終り」ドラマ版(2015)
先日、久々にアーサー・C・クラークの「幼年期の終り」を読んだのをきっかけに、ネットでいろいろ調べてみたら、なんと2015年にドラマ化されている事を知った。
日本では専門チャンネルで2016年に放映されたようだが、日本語版のDVD発売は無い。
それでもどうしても見たくなったので、海外版をユーズドで購入。
通販サイトではリージョン2となっているのにPCでしか見られなかったり、英語字幕の表示がうまくできなかったりと苦労したが、詳しくあらすじを書いてくださっているサイトがあったので、それを参考にしながらなんとか見通した。DVD3枚、1時間20分づつの3部構成、合計4時間の大作である。
ストーリーの主軸は押さえてあるが、変更点はけっこうあるし、正直、4時間にするための水増し部分が(テレビの視聴者の喰いつきをよくするためとはいえ)正直この作品のテーマと関係あるとは思えない。(農民になってしまったストムグレンの亡妻、現妻のエピソード等)1部1時間づつで原作どおりにすっきりとやってほしかった気がする。
あと、クライマックスの肝である、子供たちのダンス(?)が無いのが物足りないなあ。
それでも、このSF史上に残る名作を映像化した事には意義があると思う。
ちなみに、オーヴァーロード:カレルレン役が、シャーリー・マクレーンの「アウト オン ア リム」のドラマ版で恋人の政治家役を演じていたチャールズ・ダンスだった!懐かしい。

娘の新生活

娘の新生活は、着々と進行している模様。

 

 

 

ビリー・プレストンのライブの話といろいろ

最近、クラシックではまたまたブルックナーの聴きなおしが始まっているが、若い時のすりこみか、どうしてもクナッパーツブッシュ、シューリヒト、朝比奈隆、マタチッチに手が伸びてしまう。
ロックはツェッペリンの後、久々にデレク&ザ・ドミノスの「レイラ」から、デレク&ザ・ドミノスのメンバーが参加したジョージ・ハリスンの「オール・シングス・マスト・パス」そして、久々に「バングラデシュ・コンサート」のDVD。
余談だが、デレク&ザ・ドミノスのドラマー、ジム・ゴードン、ベースのカール・レイドルの悲惨な最期については知らなった(汗)
そして、「バングラデシュ・コンサート」でビリー・プレストンを見て、そういえば、ビリー・プレストンのライブのCDが日本発売のLPと収録曲が違ってたよなあ、と思い出した。正確に言うと英日盤と米盤で違っていたようだが。
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20051119/p1
で、英日盤はCD化されてないのかな、と思ったら2008年にCD化されているようで、お!買わねば、と思ったらえらい高値がついていた。発売当時、知っていれば・・・・(涙)