ドナ・サマー "Lady of the Night"(1974)(とピート・ベロッテ)

1974年にオランダのみで発売されたドナ・サマーの1stアルバムである。
プロデュースはピート・ベロッテ、全曲ジョルジオ・モロダーとピート・ベロッテのコンビによるもの。
今まで触れてなかったが、実はカサブランカ時代のドナ・サマーの曲はほとんどがこのコンビによるもの。
ピート・ベロッテはイギリス生まれ(本来はピーター・ベロッテ)のギタリスト兼プロデューサーで(「愛の誘惑のプロデュースは実は彼だし、ギタリストとしてもクレジットされている)地元のビートグループでデビュー後にヨーロッパにわたりキャリアを重ねてドイツでジョルジオ・モロダーのアシスタントになる。そして二人はドナ・サマーを発見するわけだ。
前にも書いたが、元々アメリカ人のドナ・サマーであるが、ミュージカル「ヘアー」のヨーロッパ公演のオーディションに受かってヨーロッパで何年か過ごし、そのままヨーロッパで活動、シングルを出したりしたらしいが、その後モデルのバイトとスタジオでのバックコーラスをしていたというから、大して売れなかったのか。そして、その時期にスリードックナイトのレコーディングスタジオで3人は出会う。
さて、内容であるが非常にバラエティに富んだジャンルの曲で構成されており、完成度も高く、二人のコンポーザーとしての腕をアピールする事に成功しているが、それよりも、そのすべてをこなすドナ・サマーの歌唱力が圧倒的だ。もしかしたらジョルジオ・モロダーはこのアルバムを通して、彼女の歌手としての可能性の確認をしていたのかもしれない。
このアルバムはヨーロッパではそこそこヒットしたし、佳作ではあると思うが、これをこのままアメリカで出してもヒットは難しかったと思う。ネットでも書かれていたがリンダ・ロンシュタットあたりに近い仕上がりになっており、どうしても二番煎じの感は否めないし彼女ならではのインパクトには乏しい。「愛の誘惑」の誕生はそういう背景があったのだと思う。
ちなみに当時彼女がオーストリア人の俳優と結婚しており、その名字を名乗って Donna Sommer(ドナ・ゾンマー)でアルバムデビューするはずが、誤植により、Sommer が Summer になってしまい、そのままドナ・サマーとして活動したのだとか!大びっくりである。

以下、ドイツのTVショーでの映像(シングルがドイツでヒットした)1stシングル"The Hostage"(日本発売時の邦題「恐怖の脅迫電話」)と"Lady of the Night"で、曲の内容にからんだ寸劇付きの口パク。なんか容姿が垢ぬけなくて初々しい。っていうか背が高いな。え?170cm あるの?

"Lady of the Night"はフィル・スペクターロネッツ)へのオマージュに感じられる。

youtu.be

youtu.be

 

 

 

ドナ・サマー「ワンス・アポン・ア・タイム」

ドナ・サマーの33cd box であるが、アルバムを年代順に聴く前に、ベスト替わりといってはなんだが、シングル集のCDから聴き始めた。(7インチ、12インチ、そして、正規アルバムやシングルにに無い曲)
で、「ワンス・アポン・ア・タイム」を聴いている時にバック・コーラスが郷ひろみの「おーくせんまん、おーくせんまん」に聴こえた。実際は"Once Upon a Time"と歌っているのだが。
で、郷ひろみの曲を調べたら、作曲が井上大輔である。あ~またこれはやってしまったか?と納得。

こちらがドナ・サマー「ワンス・アポン・ア・タイム」「おーくせんまん、おーくせんまん」と聴こえるのは 2;28 と 4:00 あたり

 

youtu.be

青森ナイチンゲール

リアタイに上がっていたので今回初めて知った。っていうか、既に2017年に解散済みであることも今回知った。

津軽vs南部ではないが、八戸に住んでいると青森市の事には疎いのである(笑)

 

ドナ・サマー "Encore"

最近ちょくちょく書いているドナ・サマーの33CDボックスであるが、悩みに悩んだ末に思い切って注文してしまった(汗)
2020年3月発売ということで、ほぼ1年前ということになるが、たぶん当時それを知ってもまったく食指が動かなかったであろう。ドナ・サマー(というかジョルジオ・モロダー)に興味をもったのがここ1ヵ月ぐらいなので、人生(っていうと大げさだが)どうなるかわからんものだ。
ちなみに世界限定1500セットのみということだが、1年たっても購入できるってことはそんなに売れてないんだろうか。
しかし、個人的には、私が興味を持つまでよく1年残っていてくれた、と逆にありがたい。

クインシー・ジョーンズの話

先日、ドナ・サマーが移籍後にクインシー・ジョーンズがプロデュースした話を書いたが、クインシー・ジョーンズは、私でも知っている大物であることぐらいしか、漠然と知らなかった(すいません)(「愛のコリーダ」とかぐらい)
で、会社で趣味の話をよくする同僚に、ドナ・サマークインシー・ジョーンズの話をしたら、クインシー・ジョーンズも古くからやってる人で、という話になり(彼はジャズの知識がある)ほら、ヘレン・メリルとかもそうなんですよ、と言われてびっくり。
慌てて家に帰ってから持っているCD(「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」が好きなので)「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」原題"Helen Merrill"のクレジットを確認したら、ちゃんとアレンジと指揮がクインシー・ジョーンズになっている!本当に知識が無いというのは恐ろしいことだ。
しかも、マイケル・ジャクソンの「オフ・ザ・ウォール」「スリラー」「バッド」等々もクインシー・ジョーンズがプロデュースだったとは(大汗)
もう一つおまけの個人的びっくり。「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」が1954年のモノラル録音だったということ。今まで聴いていてまったく気づかなかった(汗)