「行くぜ、東北。ナチュラルに、いこう。冬の温泉青森篇」の女の子って誰?

テレビCMで、温泉に入っている女の子が「あずましい」という津軽弁をしゃべっていて見入ってしまった。
JR東日本のCMのようで、東北6県分あるようだ。すべてこの女の子がやっているので、特に青森出身というわけではないのだろうが、いったい誰かと調べてみてもわからない。わからないと気になってくる・・・・

 

youtu.be

菅原文太と仏教

相変わらず、前置きが長いです。
維摩経という大乗仏教のお経があって、子供の頃にその内容を戯曲化したものを読んでいた。その関係で大人になってから維摩経についての本を何冊か読んでいた。
お経というのは、日本人にとっては漢訳されたものがほどんどで、中にはオリジナルのサンスクリット語パーリ語のものが失われたものもあるのだが、維摩経もそういうお経の一つであった。
それが、1999年にチベットサンスクリット語写本が発見された、というニュースがあり、サンスクリット語からの翻訳も出版されていて、いつか読みたいとは思っていた。
それが先日本屋にいったらあったので買ってしまった。ついでというわけではないが、同じ訳者植木雅俊が維摩経の前にサンスクリット語から翻訳した法華経の縮約版(お経によくある同工異曲の繰り返しの記述を省略したもの)もあったので一緒に購入。そもそもその法華経サンスクリット語から翻訳について書かれていた「ほんとうの法華経」という本もすでに購入していた。
で、ここからが本題なのだが、私は本を読む前に、前書きと後書きを先に読む癖があるのだが、維摩経のほうの後書きに。法華経サンスクリット語から翻訳した際に、その情報を得た菅原文太が、自身のラジオ番組「菅原文太 日本人の底力」に招待してサンスクリット版の法華経について対談した、と書いてあった。
菅原文太高倉健と並ぶやくざ映画のスターであり、私の青春時代には「トラック野郎」が有名だった人が仏教!?
調べたが、あまり情報が無い。なんか宗教関係者との対談(6人の著名人と6人の宗教家とのそれぞれの対談)の本とかもあるようだ。うーん、知らなかったなあ。

 

 

 

青森市長 小野寺晃彦にびっくり

録画していた昨夜の地方バラエティ「夢はここから深夜放送 ラッキー」を見たら小野寺青森市長が出てきてびっくり、さらにタレント顔負けの流ちょうなしゃべりに二度びっくり。なんか青森市がうらやましくなった。

 

"THE GREATEST JAZZ OVER 150 GREAT PERFORMANCES"の話 あれこれ

以前、デイブ・ブルーベックの「テイク・ファイブ」の1982年のライブについて書いたのだが

http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2015/04/22/045504

収録されていた"THE GREATEST JAZZ OVER 150 GREAT PERFORMANCES"という8CDセットについては、すっかり怪しいセットという先入観を持ってしまって、ほとんど聴いてなかった。
しかし、せっかく8CDもあるのだから聴かないのももったいない、と思い立ってざっくり聴いてみることにした。
コアな曲はないものの、バラエティに富んでいるので、メロディは知ってても曲名を知らない曲の曲名がわかったり(「モーニン」「ウォーターメロン・マン」「茶色の小瓶」等々)「エラ・イン・ベルリン」のライブでの名唱が有名なエラ・フィッツジェラルドの「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」のスタジオ・バージョンが聴けたり(ライブは倍以上の演奏時間だったとは・・・・)結構収穫はあった。
ジョン・コルトレーンはたった1曲「トレーニング・イン」が収録されてて、実はこの曲、手元には"In Europe"という、たぶん非正規のライブ3CDセットに収録されているのを持っているのだが、こちらはいわゆる最強カルテット時代の演奏、しかし「トレーニング・イン」は ウィズ・ザ・レッド・ガーランド・トリオ時代の演奏がオリジナルなので、もしかしてオリジナルで聴けるか?と期待したら、"In Europe"と同じ音源だった・・・音は抜群に良くなっているが。
また、今まで知らなかった歌手も知ることができたが、その一人がメアリー・アン・マッコール。収録されていたのはウディ・ハーマン楽団時代の「デトゥア・アヘッド」若々しいハスキーヴォイスがたまらんな。

youtu.be

World Galaxy(1972)Alice Coltrane

最近また、ジョン・コルトレーンやらスピリチュアル・ジャズ系を聴き直したりしたいるのだが、ジョンの未亡人でハーピスト、ピアニスト、オルガニストアリス・コルトレーンのこのアルバムは、以前スピリチュアル・ジャズを聴き始めた時期に(「至上の愛」「マイ・フェイヴァリット・シングス」のカバーがあるという理由で)買ったはずだが、ブログに感想を書いていなかったので、改めて感想を書こうと思った。
しかし、なぜ当時感想を書かなかったのか、わかった気がした。
以前、"PTAH THE EL DAOUD"(1970) の時

http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20040917/p1

なんだかようわからん世界であるが、不思議と不快ではない。

と書いた。

サンタナとの共演作「啓示」(1974)の時は

http://hakuasin.hatenablog.com/entry/20050922/p1

クラシックともジャズともロックともいえない不思議な音楽。

と書いた。

この"World Galaxy"も、本当に捉えどころのないジャンルレスに極みで、インド音楽、ジャズ、ロック、クラシック、さらにはテープ逆回転によるミュージック・コンクレートの片鱗もあり、カオスでありながらヒーリングでもある。
だから、きっと初めて聴いた時はなんと感想を書いていいかわからなかったんだと思う。
決して一般的な音楽ではないのだが、本当に唯一無比なので、存在価値は高いと思う。

 

 

 

ちょっとしたシンクロニシティ

4年ほど前に今昔物語集を読破中という話を書いたが、天竺部、震旦部なではすんなり行ったが本朝仏法部であまりにも同工異曲の話が多く、滞っていたが、やっと最近本朝世俗部までたどりついた。
その最初の巻の最後に藤原時平の話があった。
時平と言えば菅原道真を失脚させた張本人と目された人物で、39歳で早死にしたために、そのことが菅原道真の怨霊を裏付ける材料の一つとなった。
他ブログでよく冗談で「ご先祖様」なぞと書いているのだが、考えてみれば菅原道真については通り一遍の事しか知らないことに気づき、何かいい本は無いか、と通販サイトで物色して「太宰府天満宮の謎」という本が、タイトルには「謎」とあるが、レビューを見るとなかなかに真摯な内容みたいなので一応カートに入れたのだが、その後古本屋に行ってみたらなんとおいてあったので買ってしまった。
今昔物語集本朝世俗部を読まなければ、この本を欲しいと思わなかったろうし、まさか古本屋で見つけるとは思わなかった。

チェイン・リアクション 再び

以前、笠井紀美子の「チェイン・リアクション」について書いたのだが

http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2014/04/12/050206

元々はクルセイダースのインスト曲なので、はて歌詞はどこからきたんだろうか?笠井紀美子が作詞したのかな?等と思って調べてみたら(遅いよ)なんと超有名なAOR歌手のマイケル・フランクスであった(汗)
マイケル・フランクスの「スリーピング・ジプシー」(1977)に「チェイン・リアクション」が収録されている。
つまり
クルセイダース 1975 オリジナル
マイケル・フランクス 1977 歌詞付きAORバージョン
笠井紀美子 1978 マイケル・フランクスバージョンのディスコ化
という流れだった。知らなった・・・・・・
せっかくなので全部はりつける。笠井紀美子の歌い方というかニュアンス付けは惚れ惚れするなあ。
ちなみに、上記の記事を書いたときは「チェイン・リアクション」が収録されていた「ラウンド・アンド・ラウンド」はCD化されたいなかった(もしくは入手困難)のでしょうがなくベストを買って聴いていたのだが、記事の直後あたりに廉価で発売されていたようだ・・・・これも知らなかった(汗)

youtu.be

youtu.be

youtu.be