ようつべでクランド・ファンク・レイルロードの動画を見てみた。ベースのメル・サッチャーがどんな弾き方だっけと思っての事だったが、それよりもマーク・ファーナーがいわゆるインディアン・ファッションである事も思い出した。昔は大して気にしていなかったが、今では大いに気になる。で調べたらやはり血を引いているらしい。海外版ウィキペディアで以下の記述があるので確実であろう(翻訳ソフトです)

マークは、1999年にダコタスー族エルダースHonorマークの栄誉を与えられました。Hankinson(ノースダコタ)のコンサートの間に、特別なプレゼンテーションは、マークのNative家系と彼の貢献を守って開催されました。ダコタNationのメンバーは、手製の公式のキルトでマークを紹介しました。マークは、チェロキー語Honor協会によってチェロキー語名誉勲章も受賞しました。

そう思うと、ネット上では「ネイティブ・アメリカン・ファッションが時代を感じさせる」などと揶揄されているが、彼にとっては重要なアイデンティティ問題だったのだ。