えびす聖子(2001)

高橋克彦
久々に読む。今は文庫も出ているようだ。「竜の柩」のサイドストーリーともいえる冒険(?)もので出雲神話をモチーフとしている。「竜の柩」のあの方も登場。「炎立つ」や「火怨」等から高橋ワールドに入った人が、がっかりしたと書いていたが、先に「竜の柩」を読むべきだろう。もっとも、「えびす聖子」でがっかりするなら「竜の柩」は受け付けないだろうが(爆)

広告を非表示にする