Unhalfbricking(1969)

Fairport Convention
我慢すると言いながら、結局買ってしまう。
一般には、このアルバムがフォーク・ロックとしての集大成で、次作から大幅にトラッドを導入ということになっている。サンディーのボーカルを中心に、朴訥ながら心に染み入る音作りで、聴きものはやはり、サンディー作の2曲と11分をこえるトラッド"A Sailor's Life"。これはもうプログレだな。

広告を非表示にする