ブルックナー 交響曲第8番

チェリビダッケ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(1993)
遅い遅いと聞いていたが、これはまたとんでもなく遅いブル8で、もう別の曲である。
ある曲をゆっくり演奏した、というのではなく、はじめから遅いテンポの曲として演奏している。
だから、遅くても間延びした印象は全く無い。ゴムが伸びきって弾力がなくなっているのではなく、あらたに新しい長いゴムを持ってきたという事。
しかし、これだけ遅いのに、聴いている間はあっという間に終わってしまうという感じがするのは驚異だ。
チェリビダッケの遅いテンポについて「テンポが遅いという事は、それだけ聴衆に伝わる情報量が多くなるということだ」といったようなことがよく言われるが、この演奏を聴くとなるほどなと思う。
ブル8としては一般にお勧めはできないが、ブル8ファンは一聴をお勧めする(って、これも今更私が言うことではないな)

先日のイロモネアでなだき武が「だっふんだってどういう意味なんでしょう」という疑問を呈していたが、私も気になって調べて見たら、なんと故桂枝雀のくしゃみの擬音から志村けんが思いついたらしい。
桂枝雀全盛の頃、志村けんはけっこう桂枝雀からぱくっていて、個人的には立腹していたものだ。
よっぱらいが「すみませんねえ」を「すびばせんねえ」と言う様は、あまりにも志村けんが使うので、あげくに本家の桂枝雀のほうが、それを言ってから「志村けんやないっちゅうねん」と自分突込みを入れていたぐらいである。