読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カーター・ディクスン「読者よ欺かるるなかれ」

カーター・ディクスン「読者よ欺かるるなかれ」
たぶん当時としては人口に膾炙し始めてころであろう「超能力」による殺人がテーマである。結末は、現代の目から見たらやや肩透かし感はあるが、それまでの展開はスリリングで抜群に面白い。
「読者への挑戦状」なれば、クィーンはじめある程度の推理作家であれば使う権利はあるであろう。しかし「読者よ欺かるるなかれ」というタイトルは(解説にもあるように)カーター・ディクスンディクスン・カー)なればこそ許されるタイトルであろうと思う。何せ登場人物に「我々推理小説の登場人物は」などと語らせる人なのだから。