ヴァンスカの シベリウス 交響詩「夜の騎行と日の出」

シベリウス 交響詩「夜の騎行と日の出」
ヴァンスカ指揮 ラハティ交響楽団(2001)
先日の「夜の騎行と日の出」であるが
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2019/06/13/045047
ヴァンスカの演奏もどうしても聴きたくなって、他の収録曲がすべて15CDとかぶるのだが、この曲のためだけに「シベリウス管弦楽曲集」というCDを廉価ユーズドで購入してしまった。届いてみたら日本盤であった!
演奏時間がヤルヴィは 14:32 ヴァンスカが 17:20 という事からもわかるが、ヤルヴィは一気呵成のドラマティックな演奏、ヴァンスカのほうがより落ち着いた演奏になっている。
両方とも非常に名演だと思うが、この曲のテーマからしたらヤルヴィが正解かもしれない。
個人的にはヴァンスカのやり方も捨てがたいが。