TOKIOの歌う「宙船」を初めて聴いた時は、胸にずしんと響いた。

その船を漕いでゆけ
おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に
おまえのオールをまかせるな

こんなすごい事をさらっと歌にしてしまう中島みゆきって一体何なんだ!と改めて思ったものだ。そうしたら「中島みゆきの精神世界」という本が2005年に出版されているのだった。読んではいないが、たま出版なのでだいたい内容は想像がつく。彼女の許可なしには発売されないだろうから、彼女自身もある程度そういう意識はあるのであろう。
思えば、彼女は私の高校の予餞会にギター1本で来てくれた。卒業の年の音楽の時間、最終テストのかわりに好きな事をやっていいということになった時、友人から「時代」を歌いたいからギター伴奏とバックコーラスを頼むと言われて演奏した記憶がある。ちなみに私自身が歌ったのは子門真人の「ガッチャマンの歌」(自爆)