読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラミンの バッハ 「ヨハネ受難曲」

バッハ 「ヨハネ受難曲
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(1954)
エルンスト・ヘフリガー:テノール(福音史家)
カール・ケルヒ:バス(イエス)
アグネス・ギーベル:ソプラノ
マルガ・ヘフゲン:アルト
ハンス=オラフ・フーデマン:バス
ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団

というわけで
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2017/01/29/063833
ギュンター・ラミンの「ヨハネ受難曲」である。モノラルであるが1954年ということでモノラル末期なので音は大変良い。モノラルだということが気にならないくらいだ。
例の第1曲は、今まで聴いた中で一番遅い。わくわく(笑)
リヒター盤が悲壮感であり、ロッチュ盤がしっとりとした抒情性であるならば、この演奏を一言で表わすと(演奏に使う言葉ではないかもしれないが)「輝かしい」であろうか。なんか、ヨハネ受難曲で、今まではずれがないな。