フォルスターのモーツァルト 宗教曲

モーツァルト
エクスルターテ・イウビラーテ
オッフェルトリウム(奉納唱)「たたえられてあれ,父なる神と」
ヴェスプレ
フォルスタ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1956)
エルナ・ベルガー(s)
マルガ・ヘフゲン(a)
ホルスト・ヴィルヘルム(t)
フェルディナント・フランツ(b)
モーツァルトの宗教曲が続いたので、「栄光のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団その名指揮者たち(12)」
http://hakuasin.hatenablog.com/entry/2017/02/21/045520
モーツァルトの分を聴く。
このCD、ケースに記載されているソリストの文字が、曲名や指揮者よりかなり小さくて、歳のせいかぱっと見わからなかったので気にせずに聴き始めた。
あれ?このソプラノ、聴き覚えがある声だ、と思って目を凝らしたら、まさかのエルナ・ベルガーであった!
フォルスターは勿論良いのだが、このエルナ・ベルガーだけでも往年のオペラ歌手ファンは聴く価値がある。
さらに、現在この録音は、この日本のみの企画盤でしか聴けない(はず)なのでさらに貴重。