読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュヒターのワーグナー「ラインの黄金」抜粋

ワーグナーラインの黄金」抜粋
シュヒター指揮 北ドイツ放送交響楽団(1952)
フェルディナント・フランツ:ヴォータン
ルドルフ・ショック:フロー
ヴォルフガング・ヴィントガッセン:ローゲ
レス・フィッシャー:フリッカ/エルダ
ヨゼフ・メッテルニヒ:ドンナー
ヨゼフ・グラインドル:ファフナー
ゴットロープ・フリック:ファゾルト
(グスタフ・ナイトリンガー:アルベリヒ)
パウル・クーエン:ミーメ)
ルドルフ・ショックのワーグナーBOXである。シュヒターの「ローエングリン」があまりに良かったので、こちらを先に聴く。
ショックが出演している第2場、第4場の後半が収録されている。上記ナイトリンガー、クーエンがなぜかっこ書きなのかというと、この抜粋盤には出番がないからなのだが、その二人をはじめなんと豪華なメンバーだろうか。ショックのBOXだから仕方ないとはいえ、あとCD1枚足して全曲盤をBOXに収録することはできなかったんだろうか・・・これを全曲盤で買おうとすると、ユーズドでもBOXの倍以上の値がついている・・・
さてシュヒターの指揮であるが「ローエングリン」で、緻密かつ抒情的と書いたが、加えて音楽の流れに無理がなく非常に自然体なので、心にどんどん染み入ってくる。N響時代、団員の3分の1が入れ替わるぐらい指導が厳しかった、とのことだが、オケの仕上がりは完璧である。つまりは、演奏として「完全」な部類に入る。
なんで、もうちょっと待ってステレオで録音できなかったのか、っていうか、なぜ「ラインの黄金」だけで残りの3作の録音がなかったのか・・・・カイルベルトの代わりにバイロイトで振ればよかったのに・・・・